BONBEEホームシアター

ホームシアター&B級ピュアオーディオ ミラクルサウンドWORKSブログです。

オーディオ電源工事 専用引込口線増設

昨日11日、東電の現場担当者が来宅して、電圧モニターを撤収していきました。
当家と併せて3ケ所に、(自分の知らないうちに)電圧モニターを設置していたそうです。
他の設置場所は、柱上トランスと、このトランスを共有している最末端のお宅でした。
3ケ所での電圧降下度を検討し、改善修理が必要か否か?後日改めて結果連絡がくるそうな。
とりあえず、今日は連絡ありませんでした。


さて、実は、東京電力を呼んでいたあの9日。
電気工事屋さんにオーディオ専用屋外/屋内電源配線を施行してもらっていたのです。
今日は、その詳細についてご報告。

電源ケーブルの引き直し箇所は、電力量計があるミニポールトップからハナレのシアター部屋入り口まで。

分電盤もオーディオ専用のものを新設しました。
DSCF5395.jpg


使用ケーブルは2種類
①電力量計があるミニポールトップから→古いハナレの壁面まで。
DV14sq
DSCF5377.jpg

ちなみに、ブルーが(コールド)中性線/ブラックがホット100V。3本で1束になります。

②古いハナレの壁面→新設分電盤まで
VV14sq PbF
DSCF5378.jpg

(VV?DV? その説明はまた改めて)

14sq?
もっと太く、22sqくらい使ったら?という声も聞こえてきそうですが、
残念ながらこれ以上太いと、ケーブルの重さでミニポールが傾き電柱側の細いケーブル(ケーブルテレビの線)に負担がかかる恐れ大。ということで断念しました。
実際、ケーブルテレビの線はピンピンでした。これ以上は危険です。
DSCF5404.jpg

ミニポールから右方向に伸びている一番下の線が新設線です。既設線との間隔は約50cm程度、、もっと離したいところではありますが、法律で決められている地上最低高3.5mをクリアするには、これがギリギリでした。

実際の配線の様子です。
ミニポールを伝って、古い長屋壁面まで
DSCF5370.jpg

この位置で、建屋配線用の柔らかいVV線に変換されます。

軒下を這うケーブル
既設配線と距離をおいて敷設されています。(見え難いですが、白壁の上を這っています)
先日お話したように、家庭用電線/動力用電線からの飛び込みノイズ防止です。
DSCF5410.jpg


ケーブルテレビ線と既設電源線を可能な限り避け、空中配線しハナレの壁に貫通敷設。
DSCF5413.jpg

天井に入り、先ほどの分電盤に接続となる形です。

「特製?分電盤の詳細」と「専用電源線の効果」についてはまた改めて。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bonbee.blog100.fc2.com/tb.php/4-93eff615
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad