BONBEEホームシアター

ホームシアター&B級ピュアオーディオ ミラクルサウンドWORKSブログです。

センタースピーカーのバスレフポート ヘルムホルツの吸音現象

昨日の記事「センタースピーカーの悪影響」中、
センタースピーカーのバスレフポートがヘルムホルツ共鳴における吸音現象をおこしているのでは?
の件について、簡単に追試をしてみました。
センタースピーカーのバスレフポートを塩ビパイプで塞ぎ、開/閉で、2CH再生し比較してみました。もちろんセンタースピーカーは鳴らしません。
DSCF9109.jpg
結果は、予想していたとおりでした。
ポート開の状態よりも、閉の状態のほうが(大きな差ではありませんが)低音が出ます。
聴感的には、やはりポートの共振周波数付近の低音に聴こえました。

測定はしていないので、正確に何Hzあたりの低音が?と問われても返答できませんが、、、
これって、まさしく、ヘルムホルツの共鳴現象を利用した吸音作用と感じたしだいです。

余談ですが、このスピーカーは密閉式だったものを、むりやり穴を開けてバスレフ化しています。だからこんな変な場所に穴が開いています。
ちなみに共振周波数はおそらく40Hzあたり、、。一般的市販品と比べて、箱に対してポート径が小さめのため、増幅巾も控えめで2~3dB程度ではないかと思います。

YAHOO!知恵袋より引用。
---共鳴現象‥共鳴現象は必ずしも吸音だけとは限りません。共鳴により、特定の周波数は増幅し、特定の周波数は減衰します。
音響ホールなどでは部屋の構造上、特定の周波数で部屋全体が共鳴し、その音が増幅されます(定在波が立つ)。そこで、その音を減衰するような共鳴器を定在波の腹の部分におくことでその特定の周波数を減衰させます。
---引用終了。

ボイド管を使った低音の吸音は知っていたのですが、まさかセンタースピーカーのバスレフポートが同じ現象をおこしていたとは、、。落とし穴でした。

センタースピーカーを使っていて、メインスピーカーの低音に違和感を感じる場合、試してみる価値はあるかもしれません。



スポンサーサイト

コメント

こんばんは

やはり予想通りヘルムホルツの共鳴管現象でしたか

でも普通は同じ共鳴ポートのものがあるといっても、
若干の違和感を感じるくらいです
それをふまえるとBONさんのお部屋は
少しの変化にも音に反映されるほどの鋭敏な
特性ということなのでしょうね(^‐^)

ルームチューンの手腕に感服いたしました☆
 

  • 2008/12/11(木) 21:13:43 |
  • URL |
  • 松本麗香  #N.vW.TCs
  • [ 編集]

こんばんわ。
他所様のシステムで、なにかやった時の変化のほうが感じやすかったりするのですが、、。

何にしても、部屋や共振共鳴の影響って大きいんだな、、大切なんだな、
と改めて実感したしだいです。

  • 2008/12/12(金) 19:06:44 |
  • URL |
  • ボン #-
  • [ 編集]

こんにちは

こんにちは、初めましてモリヤンさんの所から飛んで来ました。
ここ↓を読んでいたら、
http://musicarena.exblog.jp/10336156/
ボンビーさんと同じような感じだったので新発見です。これって意外と影響が大きいようですね。私も日によってSPの音がコロコロ変わるので、天気(気圧)のせいだとばかり思つておりました。とても参考になりましたので、今度私も試してみます。

  • 2008/12/16(火) 11:05:44 |
  • URL |
  • macwin #PTRa1D3I
  • [ 編集]

macwinさん、はじめまして。
(遅レスすみません)
リンク先、拝見しました。
鳴らしていないスピーカーへの、音の転写現象、、ふむふむ。
、、、なんとも理屈は判りませんが、ありそうなことですね。

その記事の下のほうにあるリンク先(教えて!)のほうには、まさく今回のことが書いてありますね。
やっぱり!って感じです。

鳴らしていないスピーカーへのお互いの影響は、かなりあるみたいですね。
耳の良い人には、気圧の変化での音の変化もわかってしまうし。
オーディオって突き詰めれば詰めるほどやっかいなことに気づくばかりですよね。
理想の音を求めて。
ま~、だからこそ楽しい部分でもあったりするのですが。

またよろしくお願いしますね♪

  • 2008/12/18(木) 18:10:48 |
  • URL |
  • ボン #2/rm52Ts
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bonbee.blog100.fc2.com/tb.php/402-6e355ef5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad