BONBEEホームシアター

ホームシアター&B級ピュアオーディオ ミラクルサウンドWORKSブログです。

SX-500 DOLCEⅡのユニットをDE用のものに変えてみる その1:ウーファーユニット

写真は交換済みのもの。今回は、ウーファーユニットのみ。
SX-500 DOLCE2 add DEworr


バスレフ用に設計している(はず)DE用ウーファー。
これをマイDOLCEⅡ改 (ノーマル:密閉式→バスレフに改造) に組み込んでみたら、どんな変化があるのか?
お試ししてみました。

DE用のそれに変えてみると、、、

まず、低音のキレが良くなっていることが解ります。さすがにバスレフ用に設計してあるためでしょうね。トランジェントが良いって言うんでしたっけ?
ただ、DOLCEⅡ用のものに鳴れてしまっているせいか?‥‥(少し)間延びしない低音に淋しさを感じたりしてしまいました。DOLCEⅡ用のほうが粘っこい音という感じ。

低音の量感には、聴感上の変化はありませんでした。測定してみても、やはり、、低音域のf特に変化なし、、、。ここ、実は期待していたのですが、、、残念。
ユニットスワップ前のDOLCEⅡ改とDEのf特を測定すると、あきらかにDEのほうが低音が出ているので、もしかしたらユニットの特性の違いかも?と思ったのですが、
今回に限ってですが、f特というもの、、、エンクロジャー(箱)というものに大きく依存しているようです。(と言うよりも、ポートの共振周波数の違いなんでしょうね)
内部の吸音材を調整すると、また違った感触になると予想されますが、、、。それはまたいずれ。

つぎ、、、情報量という視点で聴いてみると、、、
細かい音は、DE用にやや軍配が上がります。
響きが伸びます。そんな細かい音が増えてくると、空間の再現性という点で違いがわかり易い。少し奥のほうまで見え易くなる、、みたいな。


とりあえず、簡単な比較でしたが、両者には僅差以上の差があることが判りました。
ポテンシャル的には、DE用ですが、個人的には、粘っこい音が色気に繋がっているDOLCEⅡ用も捨てがたい、、。



とりあえず、ウーファーの比較でした。次回はツィーターの比較です。
理想を求めて、色々と組み合わせてみるのも一興かな、と。

(そう言や、天井裏のその後はどうしたって?、、、、あのレポ、億劫で、、気乗りしないの、、。すびません、、そのうちね、、。)


スポンサーサイト

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 2009/03/03(火) 18:30:00 |
  • |
  • #
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bonbee.blog100.fc2.com/tb.php/420-4e2921b8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad