BONBEEホームシアター

ホームシアター&B級ピュアオーディオ ミラクルサウンドWORKSブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニューアイテムを待つ

訳ありで「5.1CHサラウンド強化作戦」がストップしていました。
スミマセン。<(_"_)>
新たに到着したインコネ「Red Crater」5本。実はこのケーブルがけっこう重い。その重みで、アンプの貧弱なRCA端子に負担がかかり、接触不良をおこしてしまったのです。
修理に出すのも面倒なので、自分で修理していたのです。単純な不良箇所とは言え、、なんとも億劫で、、分解し、眺めたまま、、今日に至ってしまったのでした。

作戦がストップした理由、実はもう一つの訳がありました。
マイシステムの機器の電源は、ほとんどがアイソレートしてあるのですが、
唯一、SW関係だけは手付かずの状態でした。
サブウーファー、ビクターのSX-DW77。内蔵アンプはデジタル。スイッチング電源によっての駆動です。
振り返って‥‥スイッチング電源を使っているプロジェクターに絶縁トランスを導入した際の、画質の向上を思い出す。その変化は音に例えるなら、SNアップ、ダナミックレンジの拡大、といったところでした。‥‥ならばサブウーファーでも同様の変化が起きても不思議ではないはず。
確かめるのは簡単です。
ブレーカーに繋がっているサブウーファーの幹線電源を、一旦プロジェクター用絶縁トランスに繋ぎかえれば良いだけです。

簡単なこととはいえ、まとまった時間ができず、今日に至ってしまったのですが、
やっと確かめることができました。
結論を言うと、、
やはりプロジェクターと同様の効果があります。
超低音の伸び、沈み込みが拡大します。力感がUPしました。
わずかな時間での視聴なので、長期間の視聴では違った評価となる可能性もありますが、
自分としては、迷うことなく「導入決定!」
早速、トヨデンに連絡、オーダーしてしまいました。

今まで、(昨日と違う、、)何かが変わった、何かおかしい、安定していない、と感じていたSWの重低音に激しく期待がかかります。
そんな訳で、ニュートランスを設置するまで、とりあえず「5.1CHサラウンド強化作戦」は休憩中となります。

何かおかしいと言えば、
日、時間帯の違いで、低音の出方が違っていたりもしていました。
この現象は、以前から感じていたのですが、最近頓に頻繁に起こるようになってきました。
電源環境の悪化?
自分の住んでいるここつくば市は、実はあらゆる建物がどんどん増えている地区だったりしています。
TX開通以来、ますます顕著な感じが。
人、建物が増えれば、電気使用量も増える。オーディオに大敵なノイズ源も増える?!
そのせいで電源環境が劣悪化しても不思議ではないはず。
だとすれば、オーディオの電源には‥‥絶縁トランスが必需なのかもしれない。などと思ってもみました。
(絶縁トランスで全てのノイズが断ち切れる訳ではありませんが)
日/時間帯の違いで音が違って聴こえる‥何故? この疑問が今回のトランス導入で何か答えらしきものが見つかるかもしれません。


スポンサーサイト

コメント

電源のブレも影響はあると思いますが、影響が大きいと思われるものに温度・湿度があります。
スピーカーはある意味楽器ですので、高温多湿の環境では良い音は出ません。
そこで提案ですが、温度湿度をある程度振った場合の音の聞こえ方をレポートしてみてはいかがでしょうか?
例えば30℃60%の環境と20℃40%の環境では音の聞こえ方が違うはずです。
かなり面白い実験になると思いますよ。

PS:じゃあ、君がやりなさい、という意見は却下です・・・うふふ

  • 2009/06/11(木) 22:48:19 |
  • URL |
  • ぶち #-
  • [ 編集]

どもども。
温度湿度、実は以前チャレンジしたんですよ。
で、結局UPするのは諦めたけど。
ほら、家の場合、その管理を強制的に管理できないじゃない?自然に強く依存しているというか、、、ACは隣の部屋だし。
それでも、天気の異なる場合はどうだとか、湿度温度計とか買ってきて調べようとしたこともあったんすよ。
で、湿度温度が近似しているのに、音が違うな~、特に低音域。そんなケースがあったり。
確かに、湿度温度が、人間にとっても不快なほどだと、音もばてているような感じはあった。
結果として、ある程度の感覚的傾向はつかめたけど、統計的データとしては当てにならないものになっちゃった。
で、諦めた。

一方、今回、
幹線電源をトランスに繋ぎかえる時間は、3分。
10分ほど通電して視聴→音が変わった、低音の勢いが増す。
そんな変化があった訳です。
このわずかの時間で湿度温度が、オーデオの音に変化を与えるほど変わったわけでもなく。
そんな試験結果から、電源の影響に目を向けたのが、今回のレポだったんす。

自分としては、音がよくなりゃ、ほんとの原因はよくわかんなくてもいい訳で♪

話を元に戻して、
>例えば30℃60%の環境と20℃40%の環境では音の聞こえ方が違うはずです。
そりは、、、
短時間でその変化管理を行うのは、、、
隣の部屋から冷風を引き入れてる、、エアコンの無いマイルームでは無理ちゅうものです。

ちゅう訳で、、、
誰かやってみない?

  • 2009/06/12(金) 10:40:47 |
  • URL |
  • ボン #-
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bonbee.blog100.fc2.com/tb.php/457-7838f0fe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。