BONBEEホームシアター

ホームシアター&B級ピュアオーディオ ミラクルサウンドWORKSブログです。

サブウーファーの足元 インシュレーター交換

DSCF0125.jpg
お世話になっている方から頂いたステンレスインシュレーターを使い、
既存のものと比較してみることにしました。

<現状と目的>
LFE信号の迫力が足りない‥地鳴りを伴う振動が不足気味→仮説:床に振動をより伝えるようにすれば良いのでは?‥御影石を挟んで上下2段スパイク式では、振動が遮断されて、振動が伝わり難いのかもしれない。→上下いずれかのスパイクを廃し、接触面積の大きい面状のインシュレーターをかませばより効果的では?
→(インシュの材質問題もあるが、)とりあえずやってみる。


変更前
DSCF0134.jpg
御影ボードの下‥タオック鋳鉄スパイクセットを入れ替えました。

変更後
DSCF0135.jpg

<結果>
重低音の量感そのものは変わらない。
床振動‥増えません。逆に何故か減った。
ベース音の良い意味での粗さ・鋭さが後退。そして締まりも後退。
(荒さ・鋭さに変化があったのは、鋳鉄/ステンの素材の違いかもしれません。締まりはスパイクのほうが効果的なため?)

→迫力とは反対方向へシフト。却下です。


<追試>
サイズが一回り小さい「タオック付属の(ステンレス)スパイク受け」に交換してみました。
<結果>
重低音の量感そのものは変わらない。
床振動‥最初の状態に戻りました。
これだけでは、なんだかモヤモヤした低音になります。

→最初の状態から比較して、低音解像度にマイナス面が出る始末。却下です。


(ステンレスと言っても、色々な種類がありますが、、、それはとりあえず置いといて。)
質量の違いでも音に違いは出る様子。


インシュの材質を変えれば違う変化は考えられるが、根本的に今回の目的にはそぐわない予感。
点接触から面接触にすることで、振動を床に伝えられればと考えましたが、得るものはあっても失うものもある。そんな結果でした。

元の状態に戻します。

ところで、「御影石を挟んで、なんで上下2段スパイク方式なんだ?」って?
確かにこのセッティング、ありそうであまり見かけませんね~。
解像度を重視した試行錯誤の結果です。どうしてもSWの低音はボワボワしがち、それを嫌っていったらこうなりました。量感は減る傾向だけど、それはボリュームを上げて調整すれば良い話。

今回、下品なほどの振動を狙って、インシュの面接触方式を試してみたけど、それは思い違いだったかも。
現状のセッティングが一番良いのかもしれない。




ところで、一番上の写真、黒いケーブルはフジクラCV-S5.5。これもLFE迫力増進の一環として用意したものですが、エージングが必要なブツ。ゆえに本日最後に交換する予定。(あくまで予定)


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bonbee.blog100.fc2.com/tb.php/468-e89756ca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad