BONBEEホームシアター

ホームシアター&B級ピュアオーディオ ミラクルサウンドWORKSブログです。

民主党の子供手当‥‥もっと正しい方法があると思うのです。

オデオ以外の話が続いてます。すみません。


民主党が政権公約の目玉として挙げている「子供手当」。
自分ごときがいまさら説明するまでもなく、興味津々、皆さんよくご存知のことと思います。
中学生までの子供1人当たりに対して、月額2万6000円が支給される。というものです。

子供を育てる、教育を受けさせる。実際に子育てしてみると分かりますが、とてもお金がかかります。
お父さんのおこずかいは減る一方です。独身時代の優雅な生活など夢のまた夢なのです。
こんなご時世ですし、貰えるのならば嬉しい、なんとなく一票入れたくなる政策だと思います。

が、ちょっと待ってください。
民主党のこの政策ですが、考えてみると、少しおかしくないか?的を外してないか?と思ってしまうのです。


カナダで日本語を教えるdesperateな女教師さんのブログではこんな記事を書かれています。
「民主党の「子供手当て」の問題点」
以下引用させていただきます。


19日付けの毎日新聞によると、子ども手当の財源には、所得税の配偶者控除や扶養控除を見直して充てるため、負担増の中身を初めて具体的に説明したそうなんだけど、それが、子供のいない世帯に増税することによって「子供手当て」に充てるらしい。

例を挙げると、民主党が全候補者に配布したマニフェスト主要政策の「ポイント解説集」には、「65歳未満で子のない世帯(妻は専業主婦)では負担増となる」とし、「年収500万、配偶者は無職の場合、年間約3.8万円の負担増」となるそうだ。

まず、民主党の「子供手当て」は、中学生までの子供1人当たりに対して、月額2万6000円が支給されることになっているんだけど(ただし、10、11年度は半額の1万3000円)、それが、その家庭の年収に関係なく全ての子供を持つ家庭に支給されるそうだ。カナダでは、各家庭の年収に応じて「子供手当て」が支給されているので、高い所得の家庭には支給されないのだ。

例えば、年収だけでも2500万円と言われ、そのほかにもテレビの出演料を入れたら、億単位の年収になるのではないかと思われる橋下大阪府知事には7人ものお子さんがいらっしゃる。これだけの年収がある上に、子供一人につき、月2万6000円支給されたら、18万2000円という、大卒程度の月給が毎月もらえることになる。一方、ご主人の年収が500万円で、奥さんは無職で子供がいないカップルは、逆に増税させられてしまう。これっておかしくないか?



引用終了

自分もおかしいと思います。理にかなってないと思うのです。

その1:子供手当に振る予算をどこからもってくるか?
‥‥とりあえず増税で賄う。結局、国民の税金で賄うのです。
子育て支援ですから、負担増になるケースがあっても、いたしかたないとは思います。が、何か納得いきません。

(実は言いたいことのメインはこっち)
その2:「一律支給」って、とても変だと思うのです。
‥‥裕福な家庭もあります。生活に困っている家庭もあるでしょう。
もらった子供手当を、文字どおり子供のために使えばいいです。
しかし、そうじゃない場合、
例えば、
こんな不景気ですし、中には生活費にやむなく使わなければならなかったり、、、
酷い例では、親の趣味に使ったり、散在したあげくの借金返済にあててみたり、、、
そのような本来の趣旨から外れてしまうケースが、実際には多だおこるのではないかと思うのです。

生活費に使ってしまう、、、それは本来、別の政策や保障で対処すべきだし、
子供のため以外に使うなど、もっての他、論外。
‥‥でも支給されたら使い方まで規制できないでしょう。
必要ないから返す、と言う人もほとんどいないはずです。

これじゃあ、ただのバラマキと言われても仕方がないと思います。

ならばね、一律支給子育て手当なんて撤回して、

仕事を持っているお母さんのために、「保育費全額免除」とか。当然、国が負担。
給食費を払わない方と、まじめに払っていらっしゃる方との不公平さを解消するために、「給食費は全額国負担」とか。
「義務教育の授業料は全額国負担」とか。
「子供の医療費も高校生まで全額国負担」とか。

(これだけでも、かなりの予算が必要なはずだけど)

こうしたほうがよほど透明だったりするはずだし、真の意味で、ぜひこういう政策を打ち出して欲しいです。
税金を訳なくばら撒いて無駄に使って欲しくないんですよ。本当に。

働くお母さんは、仕事に家事にと、本当に大変なんだから!
保育園のお金って高くてほんとに大変なんだから!!
そういうところを支援してこそ、ほんとの子育て支援に繋がるんじゃないのでしょうか?!

今日はここまで!


スポンサーサイト

テーマ:衆議院選挙 - ジャンル:政治・経済

FC2Ad