BONBEEホームシアター

ホームシアター&B級ピュアオーディオ ミラクルサウンドWORKSブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

母親が働きづらい国

日本で、6歳未満の子供を持つ母親が働いている割合‥‥33.7%。
この数値は、先進国の中では極めて低い数値だそうです。
(アメリカ‥61.2%、フランス‥58.6%、イギリス‥55.5%)

わが国のこの数値、どう見れば良いかしら?
お母さんが働かなくとも、ダンナの稼ぎだけで暮らしていける裕福な家庭が多い?‥違いますよね?
実状は、小さな子供を持つ母親が働き難い、働きたくと働けない環境だからですよね。


ちなみにこんな統計もあります。
極めて悪い男女の賃金格差
UNDP(国際開発計画)の調査によると、
日本における「男性の収入に対する女性の収入の割合」‥44%だそうです。
(アメリカ‥62%、イギリス‥65%、フランス‥64%)
G8の中では最下位だそうです。


正社員と非正社員との差としても考えられるけど。
いずれにしても、(主要先進国と比べて)女性の賃金、とりわけ、働くお母さんにとっては辛い状況だ、ということが上の数値で判ります。


この課題、与野党とも、ずっと考えてきたことじゃなかったけかな?
問題が多い「子供手当」よりも、改めて上の問題を解決するために努力したほうが‥そのほうが抜本的解決に向かう気がします。


スポンサーサイト

テーマ:労働問題 - ジャンル:政治・経済

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。