BONBEEホームシアター

ホームシアター&B級ピュアオーディオ ミラクルサウンドWORKSブログです。

民主党の高校授業料の実質無料化‥この内容も納得できません。

子供手当に隠れて目立たないけど、
民主党の公約には、「高校授業料の実質無料化」という政策もあります。

2009年7月20日朝日新聞記事‥民主、来年度から「公立高無償化」学費分12万円支給
国公立高校生の保護者に授業料相当額として年間12万円を支給し、事実上無償化する方針を固めた。私立高生の保護者にも同額を支給し、年収500万円以下なら倍の24万円程度とする。高校進学率が98%まで達する中、学費を公的に負担すべきだと判断したといい、マニフェスト(政権公約)に盛り込む考えだ。との内容。
7月28日の読売新聞のトップ、民主党政権公約の工程表にも挙げられ、その予算として0.5兆円/年が計上されています。

これを読んで、「高校生以上は負担増って書いたくせに問題ないじゃん。」などと単純に考えてはいけません。

月1万円では、増税分は全く帳消しになりません。
仮に2万円もらったとしても、
(昨日のリンク先のパターンに当てはめると)
当家の場合では3.2万円の増税になってしまいます。

改めて言います。
小学校、中学校よりも、高校のほうが支出はずっと大きくなるんです。そして、大学、専門学校に進学したらさらに支出は大きくなるんです。

お宅のお子さんだって(ほぼ)必ず高校生になるんです。

(子供いないから関係ない。なんて思わないでくださいね。子どものいない世帯では負担増になるんですから)



そして、
またしても問題だと思ってしまうのは、
保護者に授業料相当額として年間12万円を支給し、、の一文。
子供手当もそうだが、
一律支給、親に直接支給する‥これがどんなザルになってしまうことか。‥あまりにも無責任な方法だと思います。
実施するのであれば、学校に直接支払うのが道理だと思うのですが、何故こんな発想になってしまうのでしょう。

繰り返し言います。
税金を訳なくばら撒いて無駄に使って欲しくないんですよ。本当に。
こんな表ツラだけの、中身の伴ってない選挙用公約はすぐに撤回してほしい。もっと中身を練り直してほしい。
鳩山さんは、
「税金の無駄使いを無くし、国民生活の立て直しに使う」ことが政権交代の意義だと言ってるんですから。

子供手当・授業料の無料化‥‥お題目は本当に良いけれど、
本当に大切なことは、
学生本人が親の収入を心配せずとも、安心して学校に行ける。誰もが自分の望む勉強ができる。持った才能を伸ばせる環境が無償で用意されている。そんな制度を確立させることじゃないのでしょうか?日本の未来のために。


スポンサーサイト

テーマ:衆議院選挙 - ジャンル:政治・経済

FC2Ad