BONBEEホームシアター

ホームシアター&B級ピュアオーディオ ミラクルサウンドWORKSブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

LVP-HC3800 導入のための下準備‥天吊り金具

アバックインフォメーションが届きました。
表紙を開けると‥LVP-HC3800のレポートが!
「画面に吸い込まれるような奥行き感はさすがDLP」だそうです。
オールガラス化された新開発の1.5倍ズームレンズが輪郭描写に長けた映像表現に繋がってるんだそうな。早くマイルームで堪能したい!

さてさて、このLVP-HC3800、従来機HC3000、3100、1100の天吊りベース金具を共通化して、取付作業の簡易化を狙ったという。
う~む、、、そうなんですか。
10万円そこそこで購入したエントリークラスのプロジェクター、そのための専用金具に4万も5万も出した人がどれほどいるんでしょう?‥なんて思ったりして。
こんなこと言う自分が、、やっぱりビンボったれということでしょうか。

実は、HC3000の天吊りには、汎用のスピーカーブラケットを流用して設置していたりします。
(費用は2千円也)
今回も、現状のブラケットを使えれば、コスト的にはとってもグッドなんですが、、。

少しやっかいな問題があるんですよね。
HC3000のレンズはセンター軸上にあるんですが、、
HC3800のレンズは、従来機と違って、センターから64.2㎜オフセットされていること。
本体を単純に置き換えたら、画面が左にずれてしまいます。大問題。

HC3800は上下レンズシフトはありません。当然、左右のシフトもありません。
問題を解決するためには、
天井に付けている金具のベース位置を64.2㎜ずらして、全体をずらす。
あるいは、間接アームになっている取付金具を使いプロジェクター本体をシフトさせるか、
あるいは、純正取付金具を使うか
、、、、いずれかの方法を採らなければならないのです。

コストを考えたら、純正は却下。
金具のベース位置をずらすには、天井補強&改造が必要なのです、、、。結構めんどくさいのです。

この際、多少の出費は覚悟の上で、調べてみたら、
アームタイプは 綿貫製作所‥これなら難なく取付ができそうです。
ほぼどんなプロジェクターにも取付可能な シアターハウスのスパイダー‥本体と金具の取付方しだいでは、アームの可動範囲を利用して本体だけをシフトさせられそうな気がするのですが、、。

ただ、HC3800自体が発表されたばかりなので、それ用のモデルは、両メーカーともカタログにはラインナップされていません。
はやる気持ちを抑えられず、早々なのを承知の上で問合せてみたら、
綿貫さんは、該当機種は「発売検討中の段階」とのこと。

シアターハウスのスパイダーは?
そもそも取付可能か? できたとしても、本体をシフトさせる取り付け方ができるのか?!

スパイダーの寸法図面が載っていたので原寸大に拡大コピー。併せてHC3800も原寸大にコピー。‥シュミレーションして確かめてみることにしました。


↓可能な限りスパイダーをシフトさせてみた様子です。
DSCF1826.jpg
本体の重心は、おそらくレンズ寄りになっているはずなので、スパイダーがセンターになくとも問題なさそうに思えます。
(無責任ですが)たぶん大丈夫。
もちろん、普通の取付方‥スパイダーをプロジェクター本体のセンターに持ってきても取付は可能でした。(あくまで紙面シュミレーション上ですが‥‥たぶん大丈夫。責任持たないけど。   でも、このスパイダー、汎用性はとても高そうです。)


自分の問題は、金具センターをレンズセンターに持ってこれるか否か?
赤ラインがレンズセンター軸上です。これが金具センターと重ならなくてはなりませんが、、
ご覧のように、アームの長さが足りず、レッドラインが重なりません、、、。

右上のアームが、、、
DSCF1828.jpg
あと3cmほど長ければ重なります、、、。

今度は、シアターハウスに電話です。
恐る恐る、、、あの~、アーム1本だけ3cm長く特注できませんか?
「できません。」
‥そ、そうですか‥‥‥たいへん失礼いたしました。

う~むむむ。さてどうしようか。
ま、まだ時間があるので、しばし悩んでみることにします。

スポンサーサイト

テーマ:ホームシアター - ジャンル:日記

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bonbee.blog100.fc2.com/tb.php/503-b79086fa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。