BONBEEホームシアター

ホームシアター&B級ピュアオーディオ ミラクルサウンドWORKSブログです。

映画の演出と現実のはざ間、、。

ディスカバリーチャンネル 『怪しい伝説』より
 銃撃を受けても水中なら大丈夫か検証
水には防弾効果があると言われていますが、一体どれくらい深く潜れば銃弾に撃たれても無傷でいられるのだろうか。 それを検証したビデオです。
検証に使用された銃は、銃口速度910m/秒 12.7㎜口径のライフル銃‥普通に撃たれたらまちがなく即死?!‥この銃で水面入射角度23度で撃ってみたら?‥‥‥。

実際どうなの?

思わず脳裏に浮かんだ映画のシーンが一つ。
プライベートライアンの冒頭、ノルマンディー上陸作戦の激しい戦闘シーン。
プライベートライアン
血のオマハ‥‥上陸用舟艇から海岸を目指す海兵隊員が、ドイツ軍の機関銃でビチビチやられていく‥腸ビロベロで腕もげもげ‥残酷すぎて仰視できないあのシーンです。グロすぎて自分は見れません、、。
このシーンでは、銃弾は水中もドリルミサイルのように飛んできて、逃げ場なし状態だったんですよね、、、。
あれってほんと?‥興味津々で検証ビデオを見てしまいました。
ひとまず、検証ビデオをご覧くださいませ。












結果はそういうことです。
おそらく、ドイツ軍の重機関銃の威力はもっと凄いのですよ、けた違いに。ハーケンクロイツの兵器ですから!
映画の中にも、いろんな事情がある。ということかもしれませんね。

やぼな話題ですみません。
しかしながら、自分の中で「プライベートライアン」の評価がいささかも落ちるものではありませんでした。
気にしてたら、宇宙の戦闘シーンなんかじゃ、、もごもご、、。




スポンサーサイト

テーマ:ホームシアター - ジャンル:日記

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bonbee.blog100.fc2.com/tb.php/504-56b060b9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad