BONBEEホームシアター

ホームシアター&B級ピュアオーディオ ミラクルサウンドWORKSブログです。

三菱/LVP-HC3800 VS ソニー/VPL-HW15

友人ヨッシーが満を持して、ソニーのSXRDプロジェクターVPL-HW15 を購入しました。
vpl-hw15.jpg
↑天吊りするとこんな感じ。パンフ写真ではデブチンで今一なスタイリングに感じますが、実物はかなりカッコイイです。

友人ヨッシー、、本当は、倍速駆動で動きの滑らかな上位機種VPL-HW85が欲しかったようですが、さすがに50万円はハードルが高い。諸般の家庭事情をよくよく鑑みながら、アバックで見比べて、自分にはこれで十分と判断し購入に踏み切ったそうです。

実は自分、HC3800を購入する際に、このプロジェクターとどちらにすべきか真剣に悩みました。
一方のヨッシーもDLPには未練たらたら、、。試聴の際にはHC3800とも見比べたもの、、。
真っ暗なショールームではなく、実際にマイルームで観るとどれほどの違いがあるのか?実際問題それが一番気になります‥‥届いたばかりですが、せっかくなのでHC3800とバトルさせてみることになりました。願ったり適ったりです。

開封してみると、、、デカ!
大きさはHC3800よりも一回り半以上大きいです。重量も約3倍の10キロ。この大きさと重量が最終的に購入を断念した最大の理由でした。(マイルームではこんなの吊ったら、間違いなく天井が抜けます)
ただ、この筐体の余裕が静音性に繋がっているのか、駆動音はカタログ値で22dB。実際とても静かです‥30cmの至近距離まで近づいて、1.5m離れたHC3800と体感レベルがほぼ同じになります。これを五月蝿いと言う人はまずいないはずです。

   とりあえず再生環境は以下のとおり。
   ブルーレイプレヤー‥PIONEER/BDP-LX91
   HDMIケーブル‥DLC-HD50HF

HW15を取り出して、リスポジのすぐ後ろにカラーボックスを重ね、その上にプロジェクターを仮設。ケーブルをつないで電源オン! ブルーバック投射、上下レンズシフトを調整、フォーカスを合わせ、スクリーンに適正に映し出すまでの所要時間、なんと約2分。早!
なんてラクチンなんだ!HC3800での格闘はいったい何なんだ?!同じプロジェクターとは思えないほど呆れるほどイージーです。参りました、、。

続いて早速、実際に投射しての比較テストです。
まずAVレビューの付録:FPDベンチマークソフトウェアから 動画解像度テスト
DSCF0711.jpg
4本のラインが下方向に向かって狭くなっていきます。
本来、横パンして動画チェック用に使われるのですが、静止させてチェックに使いました。
HW15は、下端1/5付近から下にかけて、ラインが重なり判別しにくくなります。一方HC3800はきちんと判別できます。
静止画における解像度はHC3800のほうが上のようです。

次は、動画解像度チェック。使用ソフトは同上、横切る自動車‥ナンバーに注目です。
DSCF0706.jpg
結果は、、両者ともナンバーがボケてしまいます。ただ、ボケ具合に違いがあります。
自動車が遠目にあるうちは両者とも差は判らないのですが、
間近を横切るシーンでは、
HW15の場合、細かくブレて数字が読みにくくなります。ただ、なんとなく何の数字か想像できます。対しHC3800のほうは、数字が左右に大きくブレて全く判別できないどころか、想像さえできない状態です。
いずれも自動車のスピードが上がるにつれ顕著になります。
映画に替えても同様の印象でした。
横パン、動画解像度においては、HW15のほうが上です。DLPは動画に強いというイメージがありましたが、少なくとも、この両機だけの比較においてはそうではないようです。

ただ、あくまでこの2機種での比較であって、絶対評価レベルとしては、どっちもどっち。五十歩百歩なレベルです。
やはりこのポイントで満足感を得るためには、倍速駆動は必須なんだと改めて感じました。

ちなみに、プレーヤー側の映像出力解像度をオート(1080i)を解除して、強制的に1080P出力にしたところ、両機とも動きボケが(感覚で)1/3程度軽減されました。(それでも厳しい)


続く。


スポンサーサイト

テーマ:ホームシアター - ジャンル:日記

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bonbee.blog100.fc2.com/tb.php/523-c96fc338
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad