BONBEEホームシアター

ホームシアター&B級ピュアオーディオ ミラクルサウンドWORKSブログです。

三菱/LVP-HC3800 VS ソニー/VPL-HW15‥‥続き

昨日の続きです。

続いての比較テストはコントラストです。
使用ソフトは変わらず、AVレビューの付録:FPDベンチマークソフトウェアから「刀剣」
コントラストと併せて、暗部表現も注視してみました。
(注:記事中に使っている写真は、昨日のものも含め全て HW15 HC3800の投射画像をデジカメに撮影したものです。)

DSCF0709.jpg

このシーンでは、、両機の差は全く見出せませんでした。

ギラッと光る刀‥リアルではもっと眩しいのかもしれません。ただし、モニターレベルとして考えれば、既によくできた液晶テレビ並の水準で必要十分かと思います。これ以上に輝度を上げても周辺の黒が浮いてしまうだけかもしれません。
写真では分かりませんが‥刀剣の回りに広がる光の反射は、デジカメで捉えられないだけで、ぼんやりと光る部分が実写ではもう少し大きいです。そして、その光が外側に向かい序序に滑らかに暗く様は、怪しさを表現するに十分に足りていると思います。
胴着の暗部も潰れず、リアル的に見えます。



少し差がある。‥と感じたのは同じ刀剣からこのシーン
背景の黒が、漆黒として見えるか? 人物が立体的に見えるか? に注視してみました。

DSCF0708.jpg

リアルを想像すると、背景はもっと漆黒なのかもしれない。そう思いつつ見てしまうと、、、両機とも黒の沈み込みは足りないかもと感じてしまうシーンでした。もっとも、迷光対策が十分でないマイルームですので、黒の沈み込みは現環境では、この辺りが限界なのかもしれないとも思いました。
ちなみに、両機の黒の沈み込みの差ですが、目で捉えられる優位差は感じません。

上で「少し差がある」と書いたポイントですが、
人物の立体感です。
比較すると、HC3800のほうが、若干浮き出しているように感じました。この優位差の理由を考えてみました‥昨日の静止画における解像度テストで判別できたように、解像度はHC3800が上、そのため、人物の輪郭描写においてもよりクッキリしているためかもしれないと思いました。

続く。


スポンサーサイト

テーマ:ホームシアター - ジャンル:日記

コメント

DLPの立体感

DLPの立体感はこちらに飛び出る
ような感じがしますね。ソニーのは
画面の奥の方に立体感があるような
感じです。

  • 2009/12/30(水) 19:54:41 |
  • URL |
  • ふえやっこだい #-
  • [ 編集]

ふえやっこだいさん、はじめまして。
ソニーは奥にのほうに立体感、なのですね。
そこまではチェックしていませんでした。なるほどと納得。ご指摘ありがとうございます。
一方のHC3800は、飛び出る(表現としては、ちょっと大袈裟かもしれませんけどね♪)感じがしますよね。
また、クッキリなんですが、液晶透過式と違い平面的にはならない‥HC3800の凄いところと感じています。

  • 2009/12/30(水) 20:17:32 |
  • URL |
  • ボン #-
  • [ 編集]

私見です。

HC3800のユーザーです。いつも楽しみに拝見しています。

立体感は、HC3800は人物の「飛び出す絵本」の感じが所有のKURO5010に似ています。

VW80(LCOS)はソニーや東芝の優秀な液晶テレビのように人物の背景に奥行きがある感じが特徴でした。

TW4000(透過型)を見ました。確かに綺麗になりましたが、一昔前の液晶テレビみたいに2次元の綺麗な紙芝居っていうかんじでした。

  • 2009/12/30(水) 23:52:14 |
  • URL |
  • ふえやっこだい #-
  • [ 編集]

こんにちわ。
ふえやっこだいさんって、価格comのふえやっこだいさんですよね?(←変な表現?間違ってたらごめんなさい。)
あちらではROMのみですが、書き込みは拝見していました。
今後ともよろしくお願いします。

東芝レグザのZ9000クラスになると、何か根本的に違うな、と感じます。(画面の大きさは抜きにしてさえ)吸い込まれるような奥行き感。解像度は一緒でも情報の処理能力といった基礎体力が違うのかしら。あの映像処理エンジンは凄いと思いました。

VW80、欲を言えばVW85、、このクラスが理想ですけど、、
資金はともかく、天井の強度が、、残念ながらうちでは絶対ムリです。悲しい現実です。

透過型液晶については、確かに良くなったのは解りますが、、自分もあの平面感に今だ強い抵抗がありますね。PCモニターを見ているみたいで。これなら別にプロジェクターでなくてもいいやと。
映画を観る時くらいは俗世間環境から一切解き放たれたい、そんな想いも抵抗感を呼びおこすのかもしれません。

  • 2009/12/31(木) 16:54:47 |
  • URL |
  • ボン #-
  • [ 編集]

カカクコムのふえやっこだいです。
上記は1年前、VW80とTW4000、オプトマのDLPの同時視聴をした時の感想です。

VW80のナチュラルな奥行き感とDLPの白の輝き・飛び出す絵本が印象的でした。TW4000は絵がぺったんこでした。パッと見は綺麗でしたけど。

KUROとの比較では、さすがに黒の沈みは違いますが、映画はHC3800の方が圧倒的に楽しいです。

東芝の会社自体は好きではないですが、技術は脱帽ですね。

楽しく拝見させて頂きありがとうございました。

  • 2009/12/31(木) 23:51:11 |
  • URL |
  • ふえやっこだい #-
  • [ 編集]

こんばんわ。
やはりそうでしたか。
安心しました。

<TW4000は絵がぺったんこでした。パッと見は綺麗でしたけど。
ですね。
あの綺麗さはゲームには最適かも。


東芝のテレビ、好きです。
KUROはもっと良いですけどね♪
HD-DVDは苦い思い出です、、。

  • 2010/01/01(金) 19:38:27 |
  • URL |
  • ボン #-
  • [ 編集]

3D。

次のプロジェクターの買い換えは3D対応品が熟成した時になると思います。

前に浮き出てくるDLP、後ろに奥行きの世界が広がるLCOS。どちらが3Dに相性が良いか、今から楽しみです。

  • 2010/01/01(金) 22:47:51 |
  • URL |
  • ふえやっこだい #-
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bonbee.blog100.fc2.com/tb.php/524-e316130d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad