BONBEEホームシアター

ホームシアター&B級ピュアオーディオ ミラクルサウンドWORKSブログです。

位相とサラウンドのお話.1

(●久保ちゃんに贈る記事です)

ホームシアターのサラウンド音響を成功させるためには、大切なポイントがいくつかあります。
その中でも特に「位相」の重要性にふれてみたいと思います。
位相とオーディオの関係をある程度理解できれば、サラウンドの機器選定や設置で悩んでも、もしかしたら問題解決の糸口にもなるかもしれません。

ところで、その「位相」ちゅうのはいったい何なの?
単純に「位相」というキーワードで検索しても、専門用語が飛び交う説明ばかり‥いったいなんのことやら、素人にはチンプンカンプン。知りたいことは、その位相とやらがオーディオとどんな関係があるのか?なんですけどね。

素人にとってもわかり易いサイトがあれば、これを読め、で片付くんですが、、。
ん~、サラウンド音響に絡めて、分かりやすく説明するにはどうしたらいいだろ~?‥それで一週間悩んじゃいました。
自信はありませんが、とにかく始めてみますね。

極端な事例その1
ステレオ‥通常、二つの全く同じスピーカーが右と左に対称に置かれます。

普通、歌手の声は2つのスピーカーのど真ん中から聴こえます。
バランスを左いっぱいにすると、左のスピーカーから声が聴こえます。
バランスを序々に右にずらしていくと、、歌手の声は 左→真ん中→右 へと、歩いて行くようにピンポイントで移動していきます。

ここで、右スピーカーだけ、スピーカーケーブルの+と-を逆に接続し(‥これを逆相接続と言います)
この状態で聴いてみると、
声はど真ん中から聞こえず、ぼやけた感じでどこにいるか分からなくなります。
バランスを左いっぱいにすると、当然のことですが、左のスピーカーにいます。‥いるのがハッキリと分かります。
バランスを序々に右にずらしていくと、、どこにいるのか分からなくなって、、右いっぱいになると、まさしく右のスピーカーにいるのが分かります。

これは、右スピーカーの位相が180度ずれた(逆相)ために起きる現象です。
左スピーカーだけ、あるいは右スピーカーだけ単独で鳴らしても現象はおきません。
左右スピーカー両方とも逆相につないで両方同時に馴らしても、この現象はおきません。
片側だけ位相がズレ、かつ、左右スピーカーの音が合成された場合のみおこる現象です。



極端な事例その2
それでは、5.1CHのケースでは?

右前方から来た自動車が、右横を通過して、右後方に走り去ります。
もし、サラウンド右スピーカーを逆相に接続していたら?‥おそらく、右横あたりでは、ぼやけてどこにいるのか分からない状態。そして走り去った自動車の音が右後ろから聴こえる。そんな感じになると思います。

以上、極端な事例と記したように、位相というものが180度ずれるとどんな感じに聴こえるのか書いてみました。
とりあえず今日のところは、位相がずれるととんでもないことになるかもしれない。とだけ分かってください。

(理論的には、180度逆位相の場合、打ち消しあって、音は聞こえなくなる。と説明すべきなんですが、非理想的ではない現実の部屋で起こる事を書いてみたつもりです。‥理屈に五月蝿い方、突っ込みはどうぞご遠慮くださいね)



ちと疲れたので続きにします。
(ちゃんと説明できるかな~、不安です。)


スポンサーサイト

テーマ:ホームシアター - ジャンル:日記

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bonbee.blog100.fc2.com/tb.php/541-c1ed7c25
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad