BONBEEホームシアター

ホームシアター&B級ピュアオーディオ ミラクルサウンドWORKSブログです。

ダウントランス用コンセント 決定

DSCF5829.jpg

200V→100Vダウントランス



メインで使うコンセントは、「shunyata sr-z1」。
もう一方のコンセントを何にするか?、、バトルの結果、(とりあえず)「habbell 8300」にすることにしました。
「パワーアンプ ROTEL/RMB1095」と「プリアンプ PRIMARA/PRE30」アナログ系2機種に給電します。
デジタル系機器は一切つなぎません。

当たり前ですが、プリ/パワーでもコンセントの音質が反映されます。
で、、、CDプレーヤーとプリ/パワー、コンセントの影響はどちらが強いか?
マイシステムの場合ですと、、前段機器であるCDプレーヤーのほうが影響が強いようです。




さて、先日の、、、
懸念していたトランスの発熱の心配。
温度管理のため、温度計を挿し、しばらく様子を見ていましたが、
ブレーカーを落とし、電源オフの状態で、温度計は20℃程度。(室内気温とほぼ一緒)
各機器通電状態で、35度C程度。
どうやら、常時通電でも問題ないみたいです。



写真の左側、アースターミナル
アースの先は、例の「なんちってアース」
使用するアース用ケーブルで音質が変わるのは、以前お話ししたとおり。

つながっているケーブルは
AETのSPM400 これ4芯ですが、2/2に分離して片側2芯のみ接続。
プラス、オルトフォンのシルバー。

組み合わせで音が変わるのがけっこうおもしろかったりして。
コンセントみたいに音色が変わるとか、そんな極端ではないですけどね。
低音のレンジ感が向上したりとか、SNがアップして細かい音が聴きやすくなったり、、そんな感じの変化です。
SPM400も、現状では4芯とも全てつなぐと、音が重くなりすぎてNG。なので2芯のみ(プラス オルトフォン)となってたりしています。

もっと良いケーブルないかな?と物色中。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bonbee.blog100.fc2.com/tb.php/57-a2404164
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad