BONBEEホームシアター

ホームシアター&B級ピュアオーディオ ミラクルサウンドWORKSブログです。

電源タップの改装

DSCF5862.jpg

デジタル機器を接続する電源タップです。
オヤイデ製、型番はMT-UB。ケースの材質は、HPを見ると真鍮製となっていますが、自分のはステンレス製です。

コンセントバトルの結果、
このコンセントボックスには、ダイナのAC-SILVER1、Shunyata/SR-Z1 を組み込むことに。
ただ、組み替えただけではおもしろくないので、ちょっと工夫してみることにしました。
まっ、工夫と言っても、皆さんご存知の既出アイディアですけどね。

DSCF5853.jpg

左がAC-SILVER1 右がSR-Z1

その1
DSCF5852.jpg


コンセント背面、ケーブルの導体を挿す穴は、普通2~4個所。
AC-SILVER1も2穴。
渡り配線、、、入って、出る。という本来の使い方から考えると偶数穴になってもしょうがないのですが、、、
渡り配線をせず、インレットからパラレル配線すると、、、ケーブルは入るだけ。
しかも一本だけ挿すと、導体を圧着するネジ部にガタが出たりして、非常に気になる訳です。

そこで、以前はケーブルを差込口直前でパラ(分離)して穴全部に導体をかましていたりしていたのですが、
今回は、インレット部から2本出しすることにしました。
この構造なら、導体面積がアップして、抵抗も減って? 音のエネルギー感が大幅アップ?みたいなことにならないかな、と。
使用線材は、銀線1.6Φ。2/2でホット/ナチュラルはツイストしています。
聴いてみないとどんな答えがあるのか、わからないけど、けっこう期待してみたりして。


その2
DSCF5855.jpg

カバー内側、コンセントの側面部に自家製電磁場吸収帯。
グリーンカーボランダムをゲル状液体と混ぜ合わせたものです。
効果はSNアップ。
ただ、使いすぎると音がヘタレになったりする場合があるので、このくらいの量で。

その3
DSCF5856.jpg

これも、電磁波吸収。そしてマイナスイオン効果を狙って。
とあるパウダーを、やっぱり混ぜ合わせて粘着シートに塗布。これを薄い銅板と張り合わせ。
よく車用の燃費アップ効果とかうたって販売しているアレのパクリです。
実際に効果があるのか?
やってみなければわかりまへん。
これはインレットの上部に。

こんな感じで対策はシンプルにと。


ちなみに、AC-SILVER1に付属のカーボンシート、
商品に説明がなかったけど、
たぶん、こんな感じでいいんでしょ~。
DSCF5857.jpg

コンセント取り付け用真鍮ポストとの間に挟みこみました。

次回は実際に試聴~。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bonbee.blog100.fc2.com/tb.php/58-d401be05
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad