BONBEEホームシアター

ホームシアター&B級ピュアオーディオ ミラクルサウンドWORKSブログです。

SX-500 スピーカー端子交換の薦め

ビクタースピーカー、SX-500のスピーカー端子形状は、
① 初代、Ⅱ、SPIRIT のグループ と ② DOLCE、DOLCEⅡ、DOLCE-ETERNO のグループと
二種類に分かれます。
前回②のグループの端子交換について書きました。
今日は、①のグループについて。

↓これがノーマル状態です。
SX-500SPIRIT
写真では、ジャンパー線がありません。
新品には、↓のジャンパー線が付属していました。
VICYOR SX-500
このジャンパー線の端子の形状は‥‥一辺が1センチ+α程度の正方形で、厚みが(記憶が曖昧ですが)1ミリ位の平板でした。材質は、銅にニッケルメッキを施していたような記憶がありますが、、確信はありません。

スピーカー端子は、この平板を挟み、圧着する構造でした。
sx-500spirit

‥‥これが、あんまり良い構造とは思えません、、。
強度が足りないんです。
太めのスピーカーケーブルや単線のスピーカーケーブルを繋ごうとすると、均等にうまく圧力がかからず、すぐに緩んでしまったものでした。仕方ないと、さらに力を加えると、上の写真のようにプラスチックの支えが、ポキッと折れてしまうのです。
一度こんなふうに破壊、あるいは亀裂が入ってしまうと、もう元には戻りません。
なんとかなんないかな?
‥ツマミを回しても、クルクルと無情にすべるだけ、、。ケーブルは当然緩々、、悲しい一瞬です。
このスピーカーを使っていた方で、同じ思いした人はいっぱいることでしょうね。

‥アロンアルファーで接着すれば、少しはなんとかなるかもしれません、、。しかし、時間の無駄でしょう、たぶん。いっそのこと、スピーカー端子を交換してしまったほうが音質にもグッドなのは間違いありません。けっこう古くなっているので、メッキだって腐ってるし、接点不良をおこしてるかもしれないし。


ということで、スピーカー端子の交換のススメです。
開腹しないと、もちろん修理は無理。
まず、例によって、ウーファーのパンチングカバーを外して、開腹します。
ネットワークが見えます。
0623DSCF0004.jpg
このネットワークの板そのものが、スピーカー端子ベースです。
ネジ6本を緩めると、おもむろに外れます。
0002-photo-0046.jpg
表側のネジ3本を外すと、赤/黒の端子側が外れます。

ケーブルを切って、端子を抜きます。
0002-photo-0047.jpg
これで、スピーカー端子は外れます。

用意した新しいスピーカー端子に合わせて、穴を広げます。
0002-photo-0049.jpg

新しいスピーカー端子を挿入。
sx500000.jpg

内部配線を結線
内部配線‥導体の先端は肉眼では判らなくても、腐食しているかもしれないので、切り落としたほうがいいかも。
単線‥銅色の部分は、絶縁塗料です。先端を切り落とした場合、接点部分はペーパーで落とし、磨きます。
0002-photo-0051.jpg
結線して、ユニットを元に戻して完成です。
sx50000000.jpg
簡単でしょ?

これだけでも、鮮度感やエネルギー感が回復します。
ついでに、コイルやコンデンサーを交換してしまうのも良し。
あわせて、ウーファーエッジのメンテも忘れずに。

往年の名機‥復活です!


スポンサーサイト

テーマ:ホームシアター - ジャンル:日記

コメント

ボンさん、こんにちは
素晴らしい手際の良さですね、今はこのタイプは手元に無いので、DE、DⅡも内部をのぞきながら考えて見ます、ボンさんはこのタイプもお持ちなんですね、話はチャイナアンプですがSX-500の低音不足をカバーしてくれる素晴らしいアンプです、バスドラなど空間再現がちょっと別のスピーカーで聞いているかと思うほどです。

  • 2010/08/24(火) 11:25:56 |
  • URL |
  • ウッド #LkZag.iM
  • [ 編集]

こんにちわ~。
スピリットはDOLCEⅡの前に使っていたものです。今は友人宅で余生を送っています。
チャイナアンプ、j-1の電源タップを売却してできたお金でオーダーしました。ついさっき。
その話は、ウッドさんとこに書き込みますね。
でわ~。

  • 2010/08/24(火) 12:02:08 |
  • URL |
  • ボン #-
  • [ 編集]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 2014/07/07(月) 18:15:05 |
  • |
  • #
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bonbee.blog100.fc2.com/tb.php/602-7a7527e3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad