BONBEEホームシアター

ホームシアター&B級ピュアオーディオ ミラクルサウンドWORKSブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チャイナアンプ LM3886/YS1 ‥メインシステムで試聴

チャイナアンプ LM3886/YS1

18,990円で購入したチャイナアンプ"‥サブでの通電100時間オーバー。
メインシステムへ移動して音を確認してみました。

プリアンプPRIMARE/PRE30+パワーアンプROTEL/RMB1095 のセットを 単純にチャイナアンプYS1 に組み換えです。
チャイナアンプの電源ケーブルは、とりあえず貧弱な付属品のまま。あまりのハンディがかわいそうですが、最初はこのままで試聴開始。

数枚の聴きなれたCDをかけてみる、、。
低音の量‥サブで聴いた時ほどの圧倒的な増量感ではありませんが、それでもしっかりブーストされています。ダンピングもしっかり効いているのに驚きます。そして問題の高域‥やはりここでも超高域の伸びが足りません。
まあ、予測の範囲内。

オデオ用語で言う芸術性もなさそうです。

さて‥
電源ケーブルをプリに接続していたトラペのPLXLに変えてみます。
レンジが高低とも拡大します。高域の伸び不足もあまり気にならなくなります。
ベースの弦振動もよりハッキリ。
この低音はかなり好ましく感じます。

しかし、
残念ながら音場が平面的です。
また、空中に浮遊するような音が舞う感覚も残念ながら薄い。
細かい音が出ていません。
音離れは良さそうに聴こえるんですが、、何故か言葉にし難い違和感を感じます。(位相?が乱れてる)
値段が値段ですから多くを期待してはいけないところ。

傾向はなんとなく判りました。
開腹します。


スポンサーサイト

テーマ:ホームシアター - ジャンル:日記

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bonbee.blog100.fc2.com/tb.php/608-8831628d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。