BONBEEホームシアター

ホームシアター&B級ピュアオーディオ ミラクルサウンドWORKSブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インコネ線材の比較①

先日作った「ケーブル比較箱」を使って、手持ちの線材を何本か試聴比較してみました。

目的は、チャイナアンプの内部線材の選定のためです。(+真の目的は別にあり。)

①まずは、ビクターの電気屋で売っている一番安いケーブル‥比較箱に使っている線材と同一のものです。‥単に一本のケーブルをぶっち切って接点を増やしているだけですね。
DSCF1532.jpg
試聴‥、、、う~ん、なんと言いますか。特に何かを訴えてくるような鳴り方ではありません、、。特に可も無く普通に鳴ってます。ハッとするような音は何も出してきません。正直つまんないです。‥まあこんなものでしょう。

②アコリバのアニール銅単線1.6φ
DSCF1529.jpg
①に比べて低音の量が増えます。ただその量のせいで、ロー方向は十分に沈んでいるように感じない鳴り方に聴こえてしまいます。
柔らかく広がる低音。
高域は伸びてしっかり出てきます‥しかし相対的に低域の量に押され気味。
ハイハットに重みがつく。響きが出てくる。
押しは強い音。

③オヤイデで購入した銀単線 径は1.2mmφ?
DSCF1527.jpg
ロー方向が伸びてくる。ただ、低い低音は出ているのに、その上の低音がやや控えめなのが問題のような気がする。そして、高域は伸びて強調気味。
‥相対的には、銀線によく言われるややハイ上がりな音色に。
情報量はとても出ているような雰囲気はするけど‥アンプとスピーカーがそれを受け止めきれないような感触。銀線本来の持つ個性‥陰影感も出せていません、残念。
柔らかい空気感。奥に展開するような音場。

④ノードスト Spellbinder ‥さらに細い銅単線(本来はスピーカーケーブル)
DSCF1533.jpg
ロー方向の伸びOK。低音は③のアコリバほどではないですが量が増え、かつ押しが強い。ベースのキレがステキ。
高域も銀線ほどではないけど華のある音。漂うような響き‥だけどキレがある。
曖昧さが消える方向へ。ハリがあってみっちり詰まったような音に。サックスには厚みにブライト感がプラスされて妙に生々しい。
ながら聴きしていても、これだけが振り向かされる音を出してきます。

⑤モニターPCのPC-082
DSCF1530.jpg
やっぱり、以前に試したとおりの音。
帯域も①よりは広いけど、ロー方向の沈みが④よりも不足気味。

⑥オヤイデのPA02
DSCF1531.jpg
低音伸びる‥キレ良しスピード十分‥量感少し薄め。高域も十分、ワイドレンジ。しかし、濃い方向とは逆へ‥サックスが細。生々しいとは言い難い。


とりあえず6本試聴。これ以上やると耳と頭が麻痺して訳がわからなくなるので、、。
今のところ、ノードスト優勢です。


スポンサーサイト

テーマ:ホームシアター - ジャンル:日記

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bonbee.blog100.fc2.com/tb.php/614-6befef3c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。