BONBEEホームシアター

ホームシアター&B級ピュアオーディオ ミラクルサウンドWORKSブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MUSICAL-FIDELITY A3.2CD 内部配線交換にチャレンジ

サブシステムで、チャイナアンプを使い、内部信号配線の可能性にトライしていましたが‥実は本当の目的は、、、。

自分のメインシステム‥そのセッティングは、SX-500ドルチェⅡの持つ素晴らしい音場感位相感を最大限に往かすためです。ただ、そのために低音の量感が犠牲になっていたりします。
この4年間、この問題を解決するための試行錯誤の連続だったと言っていいかもしれません。

ノードストの Spellbinder。その変化は、低音が普通に出ているところにこのケーブルを入れると、ちょっと度が過ぎたかな?という感触があります。手放しで喜べない高域のクセもあります。
ですが、このドーピングの威力は魅力的です。
メインシステムのどこかに使えば、積年の課題を克服できるかもしれません。

やってみてダメだったら元にもどせばいいだけじゃん。

この思考に陥ってしまうと、もうダメです。無かったことにはできない性質の自分です。

そんな訳で実行してしまいました。
ターゲットは、表題にあるとおり、ミュージカルフィデリティーのA3.2CDです。
今まで試験してみて、より上流側のほうが強い効果が出そうだったためです。

ノーマルの配線状態
DSCF1580.jpg
処置すべき箇所は、右側のアナログ出力部。
‥信号線がフェライトコアを通っています。ノイズ対策の一環でしょうか? 音質にも影響を与えているはずです。しかしながら諸般の現状を鑑み、このフェライトも思い切って取り外すことにしました。

まず、配線を基盤から外します。
DSCF1581.jpg
ハンダこてで熱し線材を抜きます。
このままでは、Spellbinderの芯線は入りません。
(写真はありませんが)ドリルを使い、慎重に1.2mmφに穴を広げます。

後は、線材をトレードするだけです。一気に完成写真。
DSCF1582.jpg
空間に余裕があるので、線長も眺めに。作業もチャイナアンプよりも楽勝でできました。



試聴へ続く。


スポンサーサイト

テーマ:ホームシアター - ジャンル:日記

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bonbee.blog100.fc2.com/tb.php/617-655633fb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。