BONBEEホームシアター

ホームシアター&B級ピュアオーディオ ミラクルサウンドWORKSブログです。

WIREWORLD GOLD-STARLIGHT デジタルケーブル‥エージング後

間が開いてしまって申し訳ございません。

先日のお話、デシタルケーブルが欲しくなり。
逸品館に電話して、AIRBOWさんのデジケー‥MSDと比べて、バスドラのドスッはどっちが出ますか?なんて答え難かろう質問をしてみたら、
「ワイヤーのほうが全然出ますよ。」
そんなズバリな力強いお答えに‥迷わず買ってしまったゴールドスターライトデジタルケーブル。
つないだ直後はクリヤー感の無い眠くてボゲボケの音だった‥その続きです。

毎度毎度高級?ケーブルの寝起きの悪さはもう慣れっこです。
でも、最初から分かったのは、バスドラのドスッ!‥確かにこれは偉い!
いにしえのアクロテック自作デシケーと比べると一聴瞭然です。
ただ油断は禁物です。
エージングに伴い高域が伸びてくると、相対的に低音の量感が少なく感じるようになったりとか。あるいは妙に大人しくなってしまったりするケースもありますからね。そんなパターンに何度騙されたことか。ぬか喜びは厳禁です。

そんな不安と期待を込めて、じっくりエージング2週間。

寝ぼけは消え去り、
高域はクリアーに伸びきる。ただどこかピーク感のある高域。そこが少し耳に刺さる。決してデジタル臭い痛さではないのだけれど、気になるところ。(このピーキー感は後に別処方で解決します)
一方の低音‥バスドラの圧力は相変わらず。エージング前に比べて締まりはしましたが、圧は変わらず。むしろ迫力は増した感じ。いい感じです。
ヴォーカルは肉感的。
ワイドレンジ。だけど大切な中域が薄くなってない。
これは、正統的ワイドレンジケーブルだと思う。
情報量は確実にUP。その恩恵は密度感に現れる。密度が濃くなる、音が濃くなるとはこのことでしょう。
音場は今までより広くなったという感じはなし、が、音場の広さをスポイルする訳ではなし。
音像定位も良し。
ワイヤーらしいと言うか、銀線特有のものと言うか‥ステージの奥は暗がり‥黒ベタの暗さではなく、電気の当たり難い怪しい暗がりという感じ。まだその奥がありそうな、でも見えない。
その暗がりの中にいやらしい輝きを伴うヴォーカルがいたりする。そのヴォーカルは少し遠目に立っているけど、立ち位置のピントがよりハッキリしてる。
例えるなら、最近流行りの3D映像。電気屋でデモしてるあれ‥メガネを覗き込むと、、主人公が浮いてる(ように見える)紙芝居みたいな飛び出す絵本みたいな3D。ヴォーカルの立ち方がそれに似てる。なんとなく気持ち悪い感じ。立体的なんだけど、自分のシステムでは少し遠目で等身大じゃないから変に感じるのかも。要するに押し迫ってくるような立体感でないということ。ここは好みの部分かしら。嫌いじゃないけど。

まずまずの井出達だと思います。
驚きはしなかったけどね。
自作アクロテックデジタルケーブルを余裕で押しのけてレギュラー入り決定です。

ある程度のシステムで、位相感を意識したセッティングをしていなければ、このケーブルの良さは判り難いかもしれません。なんて勝手にホザイテみたりして。
今時流行んない同軸デジタルケーブルのレポでした。

次回はDAC用自作ボードのレポです。
(何時になるかわかんないけど)

スポンサーサイト

テーマ:ホームシアター - ジャンル:日記

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bonbee.blog100.fc2.com/tb.php/638-50b95907
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad