BONBEEホームシアター

ホームシアター&B級ピュアオーディオ ミラクルサウンドWORKSブログです。

やっぱりまともじゃなかったYAMAHA YP-D51

DSCF2057.jpg

ハードオフでサルベージしてきてあげたヤマハのレコードプレーヤー/YP-D51
その素性を調べてみると、、、
オーディオの足跡さんに詳しく載っていました。
定価は49,000円。なんと1975年頃の製品だそうな。
今でこそ安いじゃん、なんて思ってしまう程度のプライスタグですが、実はそんなことはない。当時の貨幣価値は脳内感覚換算ですが、今の3倍‥15万円くらいの価値があったんじゃないかな?くらいな気がします。

このYP-D51‥知る人ぞ知るあの有名なレコードプレーヤー、ヤマハGTシリーズの前身の作品とのこと。
キャビネットこそ全然違いますが、無骨なアームはベース以外そっくりです。
このアーム、眺めているだけでそそります。
DSCF2028.jpg
ターンテーブルとアームを水平にするための、高さ調整機能。‥写真右手のハンドルを緩めてアーム全体を上下調整します。

ウェイト
DSCF2046.jpg
PRO-JECTのものと違って、回転移動が比べ物にならないほど滑らかです。しかもウェイトが止めたい数値でピタリと止まり、微動だにしません。この安心感が素晴らしい。日本のモノ造りの確かさを感じます。


機能的には、オートストップ機構さえありません。
キャビネットに見えるスイッチは、33回転-オフ-45回転を切り替えるパワー・スピード切替と、ピッチコントロールノブだけ。
DSCF2044.jpg

そして手動のアームリフター。このシンプルさが返って清ささえ感じさせます。

インサイドフォースキャンセラーはローラー付き糸吊りタイプ。
錘が欠品してましたが、ジョイフルホンダの金属コーナーでそれらしいものを探し出して流用。
釣り糸はダイソーの釣り糸です。
DSCF2047.jpg

ターンテーブルは1.8kgのアルミキャスト製。必要十分な重量感。その駆動はダイレクトドライブ方式。

全体を眺めると、GTシリーズに比べ、キャビネットの厚みが比べて少ないこと、脚がやや華奢なため、重厚感には不足する部分はありますが、しかしながら、その佇まいはオールドな銘記としての雰囲気を十分かもし出してくれています。

これできちんと音が出てくれれば、大満足です。
カートリッジを装着していざ。
ターンテーブル回転オン!
アームリフターを落とすと、、
音が鳴り出しました! とりあえず一安心。

と思いきや、、

なんか微妙に回転が早いね、、。
‥そっか、そのためにピッチコントローラーで調整するんだな?
‥‥と思い、ノブを回してみました、、
ところが、
‥‥‥ちょうどの音程まで落とすと、回転が安定しない、、。
あげく、ランダム周期で極端に回転が遅くなる始末。
起き抜けだろうしと、しばらく様子を見ましたが、改善の兆しまったく無し!


36年モノだし、、モーターが腐ってるのでしょうか?
あるいは接点不良?
いずれにしても、早々と暗雲垂れこめてしまいました。

自分に治せんのかな??
‥そんな高等技術ありませんから。


スポンサーサイト

テーマ:ホームシアター - ジャンル:日記

コメント

>36年モノだし、、モーターが腐ってるのでしょうか?
DDモーターですよね、ACだとサーボは簡単みたいですが、DCモータだと結構回路が複雑です、サーボを掛けるための、回転数を確認する方式によりますね、デノンの場合ターンテーブルに磁気データーを記録してあり、磁気テープを読み取るようなヘッドが付いています、ビクターはFGと言う歯が刻んで有ります、磁気出力の問題ですと面倒ですね、モーターはブラシとコミュテーターが無いので
腐ることは無いと思います。

  • 2011/01/21(金) 10:39:47 |
  • URL |
  • ウッド #LkZag.iM
  • [ 編集]

こんにちわ。
さすが専門家ですね。
自分にはなんとなくしか理解できませんでした。
モーターは腐らないということですね。了解です。
このプレーヤー、そのビクターと同じFGサーボです。磁気出力の問題だと面倒だった訳ですね。
結果として簡単な荒療治でなんとかはなっています。続きは本文にて。

  • 2011/01/21(金) 18:02:51 |
  • URL |
  • ボン #-
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bonbee.blog100.fc2.com/tb.php/649-39cddbd7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad