BONBEEホームシアター

ホームシアター&B級ピュアオーディオ ミラクルサウンドWORKSブログです。

SC-LX83‥脚交換の効能

購入早々、ノーマルの華奢な脚を外して、
pioneer sc-lx83
こんな感じで3点支持した訳ですが、

効果は確実に出ました。

(断り書き‥プリ部しか使ってません。パワーはローテルのRMB1095が担当してます。)

CDをアナログ入力にて、スピーカーはオフ設定、ピュアダイレクトモード再生にてDSPオフ。
つまり純粋にプリアンプとして使用。このほうがプリとしての素性が良く判るから。

‥交換前後を比較すると、

低音は締まり、ローエンドはより伸びているように聴こえてくる。併せて低域の分解能も確実に改善。
なんか今一スッキリしない感のあった高域もクリア方向に。
全域で、音の立ち上がりが改善して‥例えば、キックドラムとか、ベースやギターの瞬間的アタック音にカメハメ波的エネルギーが増してきます。(映画の爆発音再生にはこことても大切です)

実は、ノーマル状態では、ピュアプリ(PRIMARE PRE30)を通して出す音に遠く及ばず、という感触だったのですが、
脚を変えただけで、かなり肉薄してきます。
ただし、聞き比べると、重低音の響き方とか、より微小音の再現力とかは、まだ足りてないと感じる部分があったりして。壁一面が鳴ってるみたいな感触も物足りないし。この辺はいたしかたなし。(まあ、このレベルなら、この段階で気にすべき問題じゃありません。)

現状でこれだけの音が出ていれば、AVプリとして使うための、第一ステージ‥基礎体力の確認その1は十分合格です。

次は、確認その2 HDMIを使ったデジタル接続で聴いてみるに‥続く。


スポンサーサイト

テーマ:ホームシアター - ジャンル:日記

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bonbee.blog100.fc2.com/tb.php/679-25653266
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad