BONBEEホームシアター

ホームシアター&B級ピュアオーディオ ミラクルサウンドWORKSブログです。

SC-LX83 オートMCACC雑感

ホームメニューを眺めると、Precision Distanceなんて(マニアックな見慣れぬ)コマンドが増えています。興味深々ですがそれは改めて‥と。

(エアコンつけてません)暑いから、とっととMCACCメニューに入ります。
測定マイクを刺し、オートMCACCを選択。EQカーブは、位相特性重視のシンメトリーを選択。
さっそく測定開始。

相変わらず測定時間は長いです。
測定だけでも3分以上かかったでしょうか?‥前機種のAX4AHに比べれば時短にはなっていますが、
ソニーの5600ESなんかに比べると圧倒的に長いです。

測定内容は、
スピーカーの有無とラージ/スモールの判定、スピーカーレベル、距離、イコライジング‥この辺は普通ですね。
加えて、パイオニアオリジナルの定在波制御と群遅延特性の補正(フルバンドフェイズコントロール)があります。

定在波制御は、低域のみ対象で、部屋の定在波の影響で膨らんでしまう周波数を、パライコのような按配でアッテネート(減衰)させる機能です。オンオフさせると、低域がスッキリとして、音場全体の見通しが良くなるのが判ります。低域定在波は、低音だけでなく、その上の帯域‥中、高域にまで悪影響を及ぼしていることも判ります。

フルバンドフェイズコントロールは、全CHスピーカーの位相乱れをフラットに補正するという、他メーカーにはないパイオニアだけが持つ機能です。
(ソニーも似た機能がありますが、あちらはメインスピーカーの位相特性に他CHの位相を合わせる、結果として、全CH同一位相特性に揃えるものです)
全CHの位相が揃うと、空間がパッと広がり、遠くまで見通せるような音場感が造られるという機能です。
(自分は、定在波制御は利用しますが、フルバンドは遠慮です。)


さて、オートMCACCの測定結果です。
スピーカー判定、距離は、VSA-AX4AHの結果とほとんど同一。正確です。

スピーカーレベルを確認すると、、、う~ん、やっぱり、違う結果が出たか。と思うCHが一つ。
それはSW。
AX4AHの時は、-7.5dB だった測定結果が、LX83では-2.0dBになっています。
(やっぱり自分の耳は正しかった)
-7.5dBは低すぎと感じていました。実際その値のままで5.1CHを再生しても全く迫力が出ませんでした。
この原因は、測定マイクが貧弱だったのか?あるいは、校正プログラムミスだったのか?
他のCHには誤差以上の違いはありませんでした。

EQ
AX4AHとLX83、ほぼ同様の補正値になっています。
ただ、シンメトリーの設定値の出す音はヌルクて嫌いです。(選んでおいて文句を言うのはアレですが)
この値を基に、自分好みの調整をします。
シンメトリー‥125Hz上げすぎ。逆に63Hzが足りない。この辺を、音楽をかけて耳を頼りに調整していきます。(下の定在波制御もマニュアル微調整しながら) 低音の調整。高域はそれにバランスさせながら。詰まっていくと最後は±0.5dBのせめぎあいです。
そして、最後に中域をリアル声になるように調整していくのが自分流です。


定在波制御の結果もAXAAHとほとんど変わらず。
オートのままだと、ちょっと減衰しすぎ?と感じる帯域があります。要耳調整。

フルバンドフェイズの結果は文字では表せません。
綺麗なグフフィックで画面表示されます。
確かに効果のある機能なんですが、、、
家では諸刃の剣です。
5CH同一スピーカーを汗水垂らしてセッティングしても、足りないのが現実のようです。
この機能をオンにすると、右奥方向の奥行き感が増し、かつ左右の響きも均等になることが判ります。
かなり追い込んでいるつもりのマイシステムでも、さらに向上するんですから、この効果はたいしたものだと思います。
しかしながら、
その、(わずかに)向上する空間見通しの良さと引き換えに、音のエネルギーと言うか、迫力が後退してしまいます。全体的にスッキリしちゃうんです。
どちらを取るか?いうと、自分の場合、後者の迫力なんです。
今後は、補正された音を参考にして、リアル設定のさらなる精進に励みます。


こうして、オートMCACCで基本調整が完了しました。
この後、半日かけて、EQと定在波制御のマニュアル調整を行いました。
その結果は、まだ未完成ですが、かなり自分好みの、声はリアルで効果音はスッキリズシンッなサラウンドへ。
このままでも、もう十分かもしれませんが、、そこは病気なので、、
電気補正だけでは、改善しきれないポイントも明らかになりましたし、
あとは、手間隙かけてリアル設置を見直せば、むちゃくちゃレベルの高いところまで行けそうです♪

なんて嬉々としていたところに、そいつは突然やってきた。

落ちた!!

AVアンプがオーバーヒート?
残念ですが、違います。
こんなことってあるんだ!
おかげでしばらくの間、AVアンプの調整もできなくなってしまいました。


なんてこったい‥続く。


スポンサーサイト

テーマ:ホームシアター - ジャンル:日記

コメント

こんばんは!!(^^♪
落ちた??え??何があったんでしょう??(汗)
アンプが最悪のことになってなければいいのですが・・・

MCACCの雑感、とても参考になりました!(^.^)
こちらはかなり苦戦しております(笑)
BDの音の良し悪しの件、うちの場合
とんでもないケアレスミスが原因でした。
PS3側の設定が正しくありませんでした(汗)

にしても、僕もMCACCの結果には満足できてなく、
コツコツと自分好みにいじっていきたいと思います。
ちょっと時間が掛かりそうです(^▽^;)

  • 2011/08/15(月) 18:37:12 |
  • URL |
  • take51 #-
  • [ 編集]

こんばんわ。
落ちたんですよ。電気が。
一週間経った今でも症状が消えません。
当分の間、再エージングが必要みたいです。
┐(-。ー;)┌ヤレヤレ
詳細は続編にて、お楽しみに。

AX3と比べて、細かくなっているでしょ?
いじるところが多くて、戸惑うし、
最初は苦労すると思うけど、
そのうち慣れますよ。

PS3の設定間違いだったんですね。
良かった良かった。
そっちの続編も楽しみにしてますからね♪

  • 2011/08/15(月) 20:12:55 |
  • URL |
  • ボン #-
  • [ 編集]

初めまして

サスケと名前でブログをやってます
タケさんつながりでは無く、ブログを
開始した時からずっと見ていたファンの一人ですw

検証ネタなど非常に興味ある記事が多く
参考にさせて頂いてました
今回SC-LX83導入と言う事で自分と環境が
近く初めてコメントさせてもらいます
良ければお付き合いさせて頂ければ
光栄です

  • 2011/08/15(月) 23:14:36 |
  • URL |
  • サスケ #-
  • [ 編集]

サスケさん、はじめまして。
take51さんとこで、お名前は拝見していました。

そんなこと言われるとこそばゆいです。wwwww。
どれだけ、人様のホームシアターのお役に貢献できているのか?なんて気にもせず、
はなはだ迷惑だ!なんて批判も全く省みず、動じることもなく厚顔無恥、日夜がんばっております。
(なんちゃって)

ビクターで統一。アンプもパイ。環境は似ていますね。音重視のとこまで♪
SWがヴェロダインなんですよね。
ホームシアターでは最強だと思います。きっと素晴らしいサラウンドなんでしょうね。
いつの日か、リアルでお邪魔したい環境です。

こちらこそ、今後ともよろしくお願いいたします。


  • 2011/08/16(火) 12:12:29 |
  • URL |
  • ボン #-
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bonbee.blog100.fc2.com/tb.php/682-be0b66f8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad