BONBEEホームシアター

ホームシアター&B級ピュアオーディオ ミラクルサウンドWORKSブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コンセントベース マイシステムでの取付方

先日の記事の中で
小話その2‥今度は自分ち。必要なので、こんなもんを作ってみました。
DSCF0768_20120322195517.jpg
市販の塩ビボックスにコンセントベース2号を組み合わせて作った簡単な電源タップででした。

マイシステムでは、コンセントの数は十分に足りています。
にもかかわらず、何故こんなものが必要なのか?
その理由は‥コンセントベース2号の影響をAVアンプ(プリ部のみ使用)のみにするためです。

実際にどのように使っているかというと、こんな感じ。
コンセントベース
デジタル(AV)系の電源ラインです。
右側の電源タップは、アコノバのRTP-6です。
その左側に見えるのが、今回の電源タップです。
電源ケーブルはAVアンプ、SC-LX83に繋がっています。コンセントベースを導入する以前は、RTP-6に直接繋がっていました。

構想の段階では、RTP-6の上蓋そのものを、コンセントベース2号と同じ構造で作ることも考えたのですが、
それでは、コンセントベース2号の影響が他の機器にも影響を与えてしまいます。


ここで、場面は変わります。マイシステムのアナログ電源系をご覧ください。
コンセントベース2号
200V→100Vダウントランス部です。
手前にコンセントベース2号が取り付けられています。ブルーの電源ケーブルがトランスペアレンツ。ここからら2CHプリアンプに給電しています。
奥がパワーアンプ用。
‥実は、こちらはコンセントベース2号ではありません。
銀色に見えるものがアコリバのCB-DB1。その下には2号ではなく、ブビンガ単体のベースが組み合わされています。

アコリバのみの音は嫌いです。その理由は以前書いたとおり‥良いけど‥足元や肌が共振するように感じるビリビリ感がないから。(あくまでうちのシステムの場合ね)‥音楽聴いててなんか楽しくないんですよ。
ただ、このアコリバが外せない‥
試行錯誤。
その下に2号を試したときもありました。しかし、低音がキレすぎて、ますます音楽が楽しくない‥。
で、結局、アコリバとブビンガ単体との組み合わせとすることが、現状の最善の組み合わせだった訳です。
話のポイントは、
両方にコンセントベース2号はまずい。ということです。
効きが強すぎるようです。


改めて、お話は、先ほどのデジタル(AV)系の電源ラインに戻ります。
アコリバの電源タップRTP-6の上流にコンセントベース2号を入れた場合、その影響はデジタル機器全てに及びます。
苦労して2号を取り付けても、アナログ電源系と同じ結果が待っている気がしてなりませんでした。

どうすればいい?
ならば単純な発想、
コンセントベース2号の影響をAVアンプ(プリ部のみ使用)のみにするための、試しに簡単な電源タップを作ってみればいい。

結果は、(コンセントの入れ替えは必要としたものの) 自分でもビックリするほどの激変効果があった訳です。

正直、こんな簡単なことでほんとに解決してしまっていいのか、と拍子抜けするほどです。
だって、セオリーは最短接続と思い込んでいましたし‥。それを崩さずに音質アップの努力もしてきたんです‥。
そこに余計なものを繋げるのですから‥。

こんなこともあるんんです。
正直、これ以上の音質アップは必要ありません。
と言うよりも、山の頂に登った気分です。
それほど、バランスの良い完成度の高いサラウンドが今出来上がっています。



焦点がずれそうなので、ここで話をまとめます。

コンセントベースの使用方法について
コンセントベースを取付け、そこからたくさんの機器に同時給電すると、効きが強すぎる可能性があります。
可能であれば、まず一つの機器だけ給電する。お勧めはプリアンプ(プリメイン、AVアンプ可)です。
ケースバイケースなので、他の機器を同時給電しても良い結果もあり得ます。
何が最上なのかは、それぞれのシステムで試行錯誤していただきたい。
コンセントの数、その位置から、なかなか難しいことかもしれません。

しかし、その努力をするだけの価値のあるアイテムだと思っています。

先月二十数名の方にコンセントベースを送らせていただきました。
凄い効果だ、販売再開したら追加オーダー。と嬉しい連絡をくれた方もけっこういます。
(ありがとうございます)
どうなったのかしら‥? と連絡の無い人も、もちろんいらっしゃいます。
(別にレポを強要するつもりはさらさらありません。満足して使ってもらえているならそれでいいんです。ただ、実際使ってみてどうなんだろう~と、気にはなります。)

そんな訳で、
既購入の方、販売再開したら検討の方、
今日の記事を覚えておいていただけたら幸いです。

販売再開の節はよろしくお願いいたします。



スポンサーサイト

テーマ:ホームシアター - ジャンル:日記

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bonbee.blog100.fc2.com/tb.php/739-bc4bebf8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。