BONBEEホームシアター

ホームシアター&B級ピュアオーディオ ミラクルサウンドWORKSブログです。

FISCH PCP3

DSCF6153.jpg

タビさんから拝借してきました。


ところで、
周波数を大まかに区分するのに、
普段は、低音、中音、高音、って使いますよね。
でも、これじゃあ、おおざっぱすぎですよね。

一口に低音と言っても
20Hz~30Hzあたり、耳には音として聞こえないけど、空気を振動させ、圧迫感を感じさせる帯域。パイプオルガンの一番低い?あたり。本当の意味でのローエンド。
~50Hzあたり、重低音と呼ばれ、例えば、バスドラの「ドスッ」の重さを感じさせる帯域。
~100Hz、いわゆる低音域。ベースがブンブン鳴る帯域。
~200Hz、アッパーベースとでも呼ぶのでしょうか?中域の低い帯域と被り、出過ぎるとモコモコ、ポコポコと歯切れの悪さを感じさせる帯域。

自分は、こんな感じかな?と思っているのですが、皆さんいかがでしょうか?


写真の電源ケーブル、「FISCH PCP3」
ノイズ対策として、フェライトを装着した電源ケーブル。
噂によると、SN感高く、低音が良く出る。バランスの良い、かつコストパフォーマンスの高いケーブルだとネット上では見かけられたりします。

低音がもう少し欲しい自分としては、一度は試してみたいと思っていた訳です。
ただ、問題は、低音と言っても、どこの低音が出るのか?
自分の欲しいのは、重低音。
本当のローエンドあたりは、願ってもスピーカーが反応してくれない、、、。

さておき、
この電源ケーブル、プレーヤーよし、プリよし、パワーアンプに接続してもよし。という噂。
そんな訳で、まずは、パワーアンプに接続して音出しと相成ったしだい。
ちなみに、
現状、パワーアンプに使用している電源ケーブルは、自作品。
線材は、オヤイデのTUNAMI。これに電源プラグにもオヤイデのパラジウムメッキ「P-046」、IECコネクターにも、オヤイデの無メッキタイプ「P-029」と組み合わせたものです。
かなり締まって、スピード感もあり、ローエンド方向にもグッと凄みがあって、切売り自作品としては、かなり良い感じと思ってたりするのですが、
比較してどんなものでしょう~。


続く。








スポンサーサイト

テーマ:ホームシアター - ジャンル:日記

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bonbee.blog100.fc2.com/tb.php/77-87aa8e53
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad