BONBEEホームシアター

ホームシアター&B級ピュアオーディオ ミラクルサウンドWORKSブログです。

audio-technica ATH-ESW9が今だけ安いっすよ。 特価¥18,900円也

オーテクのウッドハウジングヘッドホン
audio-technica ATH-ESW9

e☆イヤホン
http://www.e-earphone.jp/shopdetail/002002000004/
この週末だけ、特価で¥18,900円 (税込)ですって!
過去最安でやんす。
欲しかった人、このチャンスにどぞ!

実は、個人的に今一番興味のあるヘッドホンなんですが‥
ヘッドホンちゅうものは、音だけじゃなく、
装着感(人それぞれ)が、とっても大切ってことに気づいた最近。
イヤーパッドの中に、耳が微妙に納まらなくて、どうしたものかと思案中‥。
もうね、お金が余ってたら、飛びついちゃんだけどね。


こんなあたくしが最近手にいれたヘッドホン群
DSCF1167.jpg
左:最古参のビクターRX900 3年前の購入価格、5980円。
お店では深い低音が出てたけど、家で聴いたら、それほどでもなくって、綺麗な音なんだけどノリが足りなくて、あんまり楽しくなかったヘッドホン。まっ、こんなものかと数年使ってました。
装着感は個人的にトップレベルだとは思います。
デノンのAH-D2000に玉座を奪われ、現在は長女が愛用中‥PC直で聴くアニソンがかなりイケテててビックリマンチョコ。

右:最近購入した、デノンのAH-D2000。
ケーズデンキで在庫処分最後の一個を16,000円で購入。脳内定位ヘッドホンが多い中、ステージちっくに再現される音場がステキ。
装着感はヨドアキバでかぶった中でもぶっちぎりのトップランク。
再生レンジも広し。上も下もきちんと出てます。けど優しい音。痛くない高域、オーテクの高音みたいにカシカシ煩わしく鳴らない‥ピュアオーディオ的な鳴り方だと思います。
32Ωで鳴らしやすい。全体的に柔らかめの音をどう捉えるかが評価の分かれ目かも。←自分ははまった。ハードロックには向かない気がします。
音漏れ‥大なので、寝室での使用は不可。(隣にママンが寝ているから)
で、使用頻度は現在4番サード長島状態。
ぜんぜん高そうに見えないところが、とても悲しい中級機。二つ並べて見ても、ビクターのほうが高そうに見えます。



デノンの前に買ったKOSSの PRO4AAT
何故か突然ヘッドホンが欲しくなって‥
DSCF1172.jpg
直感でネット通販で買ったら、大糞だったヘッドホン。えらい篭った音で、自分が一瞬、難聴になってしもた??と勘違いしたほど酷い音。
ヘッドホンは試聴、試着なしで買ってはイケナイことを身をもっと実感させてくれた自分歴史的名機であります。
アマゾンで5,980円で購入。2週間後にハードオフで2,000円で売却。


デノンAH-D2000の後に買った FOCAL(フォーカル) Spirit One
FOCAL(フォーカル) Spirit One
(AH-D2000よりも)もっとカックイイヘッドホンが欲しい!
そう思ってしまった時に、目に止まってしまったのがこれ。
有名なスピーカーメーカーが作ったんだから、音もイイに決まっている!と(試聴もなしで、ネット通販第2弾。ぜんぜん懲りてない)購入。
装着してみると、微妙に狭いイヤーパッドの内側。
耳が微妙に入りきらなくて、耳たぶがこそばゆい。これが気になって音楽に集中できまへん。
脳内定位だったこともあって、
結局、一週間後ヤフオクで売却。


一番最近買った beyerdynamic(ベイヤーダイナミック) のDT 990 PRO
音場が広いという噂のオープンタイプに興味を持ち、
beyerdynamic(ベイヤーダイナミック)DT 990 PRO
3度目はないぞ。とヨドアキバで試着してから購入。
低音出る!という情報を得て、いざ試聴してみたらそうかな?って感じだった。
‥もしかして家で鳴らしたら変わるのかな?と思って博打購入。
で買って帰ってエージング200時間。
うーん微妙‥。
何が微妙って‥AH-D2000と比べると低音の沈み込みが足りないのですよ。低音の量自体はよく出ているんだけどね。
オープンタイプの低音ってこんな感じなのかな。
音場の広さは、やっぱりオープンタイプならでは、って感じ。でも、少し遠くから聴こえるAH-D2000の広さとは異にする音場感。広がりっぱなし的な空間で、間接音的な響きを作為的に作る構造じゃないみたい。
オープン故に音はダダ漏れ、小型ラジオを鳴らしているみたい。
スタイル‥ハッキリ言ってカッコイイとはお世辞にも思えない。
惹かれる何かがあるみたいで、まだ手放してない。



結局、耳が完全に納まるタイプじゃないと受け付けない残念な自分。装着感ってとっても大事。
脳内定位も拒絶してしまう自分。
ヘッドホンは自分にあったものを、試聴して決めるのが一番大事。
それから、自分、低音厨ではありません。念のため。



いにしえのアナログレコードを、ミュージカルフィデリティーのフォノイコを通して、現代技術の真空管ヘッドホンアンプで聴く。
DSCF1174_20121221221818.jpg
実はこれがけっこう良い感じで嵌ってたりしてます。



で、激安ATH-ESW9は、耳が合わなそうだから、ぐっと我慢しなくちゃいけないところを‥もしかしたらポチッとしてしまうそうな自分がどうしょうか思案中。
(やっぱり懲りてない。)


スポンサーサイト

テーマ:ホームシアター - ジャンル:日記

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bonbee.blog100.fc2.com/tb.php/770-f38a661a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad