BONBEEホームシアター

ホームシアター&B級ピュアオーディオ ミラクルサウンドWORKSブログです。

アナログレコード物語2 

当時なんか気になっいていたレコードとは‥松田聖子嬢のパイナップルでした。
松田聖子 パイナップル マスターサウンドLP
なんだかえらく元気なサウンドで、特に1曲目のプレゼント‥高域のシャキシャキ感が爽やかでとても印象的でした。
でも、当時のシステムではうまく再生できなかったのです。
サ行が歪むし、全体的にノイズっぽい。また、低音がバーンッと入るところでは、針がトレースしきれないのか、まともな音が出てきませんでした。

特に聖子ちゃんファンという訳ではなかったのですが、このアルバムには少しだけ思いいれもありまして‥
ちゃんと聴きたいな~、という思いから、CD選書を購入してみたのです。
CDならば、サ行が歪んだり、ノイズが気になるようなことは有りえないだろう、と。

‥‥がしかし‥‥
なんだか変。
確かにノイズは聴こえない。サ行もOK。
‥でも‥
なんかつまんないんです。
一音一音はきちんと聴こえるけど、
高域もちゃんと出ているけど、何故か爽やかじゃないしチョ五月蝿いし。
低音もちゃんと鳴っているような気がするけど、コンプがかったような感じで弾けない。
どこも破綻はしてないけれど、
音楽が生きていない気がしました。

きっとこのCDは音が良くないのだろう、とそれ以上深く考えることもなかったのですが、
ただ、なんでレコードのほうが元気に聴こえるんだろう?‥と、これ以降、頭の隅にずっと残り続けることに‥。それがこのアルバムだったのです。



後日知ることになるのですが、帯の部分に書いてある「MASTER SOUND」の文字。通常版よりも高音質バージョンだったのです。(そんなことも知らない当時の自分でした)
聖子ちゃんのマスターサウンド、特にこのパイナップルは、知る人ぞ知る超優秀版だったそうな。
ただ、アナログの場合では、それがちょっとやっかいなことみたいで‥。
マスターサウンド=ちゃんと鳴らすにはそれなりのシステムが必要。それを序序に知ることになっていく訳です。


スポンサーサイト

テーマ:ホームシアター - ジャンル:日記

コメント

この頃の曲ってシンセが流行る前、ましてやPCなんて無い時代なので、弦や管楽器が生音でゴージャスなんですよね。レコードで聞いてみたいです。

  • 2013/04/30(火) 23:20:00 |
  • URL |
  • ぶち #-
  • [ 編集]

レコード、いいっすね。
生音がたっぷり入って、
リズム隊も打ち込みじゃなくって。
人が演奏している‥それがレコードだとよりリアルにわかります。

グラス片手にレコードプレーヤーをながめながら音楽を聴く。けっこう乙っすよ♪

  • 2013/05/01(水) 20:26:35 |
  • URL |
  • ボン #-
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bonbee.blog100.fc2.com/tb.php/797-c0a55fcf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad