BONBEEホームシアター

ホームシアター&B級ピュアオーディオ ミラクルサウンドWORKSブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アナログレコード物語5

自分のレコードプレーヤーには、厳しい制約があったりします。
実は‥カートリッジを替えることができません。
(出来るかもしれないけれど超危険)

レコードプレーヤー/PERSPECTIVE(と言うか、PRO-JECT社)のトーンアームはシェル一体型になっています。
その上、フォノケーブルがとても細いため、カートリッジの交換作業は、かなり神経を使います。
慣れていないと、交換作業中にフォノケーブルをぶっち切ってしまったりします。
実は、自分も2基目のカートリッジ(オルトフォンの2M RED)に交換する時にやっちまいました‥。
この時は、切れたケーブルを剥き、端子をハンダ付けすることでなんとか復旧できたのですが、
(簡単に書いてますが、かなり難しい作業です。)
もし、もう一度同じ失敗をすると、今度はフォノケーブルの長さが寸足らずになってしまうはずです。そうなってしまったらもう‥メーカーに修理を依頼するしかありません。

シェル一体型のトーンアームは音は良いのですが、
(アナログの楽しみである)カートリッジを交換して曲のジャンルにあわせて音の変化を楽しむ、
ってことには、向いてないようです。

そんな経緯があって、カートリッジはしばらくの間、2M-REDのままだったんですが‥
ヘッドホンを変え、フォノイコ、ヘッドフォンアンプも変え、全体の質が上がってくると、
やっぱりカートリッジもより能力の高いものに変えたくなってくる訳です。
実際、再生レンジが広がって、より細かい音も出てくるようになると、同時に歪みも浮いてくるようになっていました。(なんだかトレース能力不足みたいな‥)


しかし‥カートリッジの交換はリスクが高すぎる。
そこで出した結論は、これでした。
2m red blue
この写真を見て、アレ?と思う方がいるかもしれません。
そうなんです。カートリッジのボディーはREDで、スタイラス(針部分)はBLUEのものなんです。

オルトフォンの2Mシリーズ、REDと上位機種のBLUEには、スタイラスの取付に互換性があるんです。
ボディーはそのまま、グレードUP。
交換してみると‥声にまとわり付いていた歪みが激減し、音場もよりいっそう広がって聴こえるようになりました。
透明で、綺麗な音に磨きがかかりました。
J-POPなんてと思っていましたが、なんのなんの、馬鹿にしちゃいけません。
ハッとするいい音が聴けるようになってしまいました。
(ロックを聴くには、綺麗過ぎるし、ちょっと馬力が足りないかもしれないけどね)

1980年代のJ-POPはアナログで聴くべきだ!‥と、超個人的意見。

とりあえず目出度し目出度し♪ なのですが、
相変わらずカートリッジは変えられない、って縛りがあることに変わりはありません。

そして‥湧いて出てくるオーオタの性‥もっと良い音を!!

ならば、電源とシグナルケーブルでなんとかできるかも、と続く訳です。

スポンサーサイト

テーマ:オーディオ・ビジュアル - ジャンル:趣味・実用

コメント

アナログ導入に高校時代のマイクロ製プレーヤーのアームリフターが壊れてたので、急ぎ手に入れたのがマランツTT-15でした。これもCLEARAUDIO製のストレートアームで簡単にはカート交換出来ないんですわ。
何とかと思いシェルユニットを予約しましたが、煩わしいてか交換作業が怖いですね!
秘密兵器として明日、ファインメットコアの昇圧トランスが届きます。
どう音が変化するか楽しみです♪

  • 2013/12/31(火) 19:56:28 |
  • URL |
  • けん #-
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bonbee.blog100.fc2.com/tb.php/804-7ad65f21
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。