BONBEEホームシアター

ホームシアター&B級ピュアオーディオ ミラクルサウンドWORKSブログです。

コンセント AIRBOW/LV8300CR-2

逸品館ブランド、AIRBOWのコンセント。
DSCF2193.jpg
DSCF2194.jpg
生産終了品。ヤフオクで入手しました。
ベースはLEVITON/8300。端子にメッキ済のベリリウム銅を使用。AETにてDCT処理(-196度/極低温処理)。

今回、DACの電源ケーブルにつながっているコンセント、Hubbellの8300Hと交換しての比較。

低音‥量感増える。微増程度ではなく明らかに増えている。
高域‥クライオの効果か?(記憶の中の)レビトンノーマル8300よりもレンジが伸びている、量も増えるが、キレと透明感があって、うるさく感じない。クセになりそう。
低域の下支えが十分にあるので、ヴォーカル等中域が痩せることはない。高低のバランスも良い。
定位感も良好。
空間‥左右高さの広がり感も演出されて気持ちいい中~高域。

しかしながら、低音の下の帯域、ローエンドは?
量的には出ていると思うがそれを感じない。上の低音の量に埋もれてしまう。
低音全体としての評価も? スピード感不足とは思わないが、上質なギザギザ感は表現できず。Hubbell/8300Hに比較して解像度不足、アコースティックな低音楽器を聴いていてストレスが溜まります。

魅力的なポイントは多いも、
BASSボリュームをクイッと右に回すだけのような低音は、個人的にいらない。解像感重視の自分には、むしろ邪魔。
現状のマイシステムには相いません。却下。

LEVITON(レビトン)のコンセントは、ノーマル8300、5362 いずれも低音増強タイプながら、上の伸びは今ひとつでした。AIRBOW/LV8300CR-2は、この点は明らかに解消されている。凡評なコンセントよりも優れているレベル。
低音が肝。低音に何を求めるかしだいで活かす道もあるかもしれません。

このコンセントは廃盤品。逸品館では後継機種が出ているので、新しいものは改良されているのかも。であれば、苦労して中古を探すほどの価値はないコンセントかも。



スポンサーサイト

テーマ:オーディオ・ビジュアル - ジャンル:趣味・実用

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bonbee.blog100.fc2.com/tb.php/821-7b664318
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad