BONBEEホームシアター

ホームシアター&B級ピュアオーディオ ミラクルサウンドWORKSブログです。

コーナーパネル改良

今月はルームアコースティック月間なのです。
そんな月間につき、、ただ今、工作中。
DSCF6293.jpg


サーロジック風味の音響パネルです。
長さは125cm。
巾のほうが随分と狭いと疑問に思われるでしょうが、、、
これをどこに設置するか?と言うと、

DSCF6287.jpg

(ご期待に応えて、SX-L77も写真に収めてみた。f(^_^; ポリポリ )


SX-500DOLCEⅡの後方、コーナーにハの字に連結された音響パネルが見えます。
この連結を外して、先ほどのパネルを真ん中に連結、3連式に。パネル巾を現状より大きく確保しようという目論見です。

パネル工作そのものは、組み立てが終わっただけで、
ペーパー磨き、ニス塗装処理と続きます。その後に実際に組み付けの予定。


しかし、、、
木材、高くなったね。
節目無し、カドRカットのちょっと質感の高いものを使ったせいもあるけど、、、
たったこれだけの部材で、
背面ベース板と併せて、材料費5千円也。
金属は高騰するわ、木材も高騰するわで、、、も~大変ですわ、、。




ところで、
近所の公園にアーケードがあるんですが、
このアーケードを歩くと、足音が反響して、この足音が絶妙な空間感を演出して、自分が空中に浮かんでいるような錯覚に陥ります。
このアーケード、路は平面のコンクリート、通路の左右は壁は無く、その外側ももちろん何もない広大な空間。
アーケードの屋根は、アーチ状に通路を覆う形で、
高さ約4m、巾4mくらいで頭上を覆っています。
どんな感じか想像つきます?

ここを歩くと、自分の足音が(感覚的に)5mくらい下から?聞こえてくるんです。
まるで、地面が消え、自分が空中に浮いているような感覚、凄く広い空間に投げ出されてような感覚に陥るんです。
もちろん錯覚なんですが、、、。

足音の直接音とアーチ状の屋根から均等に返ってくる反射音、絶妙な響きの繰り返しがこんな錯覚をかもし出してくれるんだろう、と思います。

おもしろい現象、このままではオデオ用ルームチューンには通用しない響き方ではあるのですが、、、
自分の中では、今後のルームチューンのヒントの一つだったりするのでした。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bonbee.blog100.fc2.com/tb.php/83-cdfbb1d0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad