BONBEEホームシアター

ホームシアター&B級ピュアオーディオ ミラクルサウンドWORKSブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(発泡スチロール)音響パネル の続きパート3

マイルームに戻って改めて聴くと…
やっぱり相変わらず、低音凄くてドンシャリなきつい音。
聴くに堪えられない。このままではイカンでしょと、発泡スチロールパネルを外して以前の状態に戻すと…
以前のほっとする音で鳴っています…。
でも…
あの凄い低音ももちろん無くなって
もの凄く物足りなく聴こえてしまいます。(´_`。)クスン これで満足してたのにね…

だからと言って
発泡スチロールでは、高域がきついし…
ヨッシー宅で使った発泡ポリエチレンならば…と探したけどどこにも無し。
ホームセンターにも100均にも無し。
探すこと一週間、どこにも見つかりませんでした。



これはもう…
発泡スチロールをなんとか工夫して使うしきゃないでしょ。

ここで思い出すのは、アコリバのパネルです。
表面を覆っているのは、天然シルクです。
acoustic-revive rwl1

もし、中身が発泡スチロールなら…
この天然シルクが絶大な効果を発揮しているはずです。(と仮説)

ならば、
今回の発泡スチロール音響パネルもシルクで覆えば
なんちゃってアコリバパネルの出来上がり?

早速、近場の布屋さんで物色!
…ところが、
そんな都合の良い甘い話なんてありません…
天然シルクなんてある訳もなく…
あるのは、化繊のオーガンジーばかりです。

でも、とにかく早く何か試したい自分は
薄くて一番きめの細かい化繊オーガンジーを買ってきました。
DSC02522.jpg
(take51ちんちに送ったオーガンジーと同じものです)
ダメだったら次の作戦を考えればいいや…。

早速被せてみた。
DSC02485.jpg
(裏面でガムテープで貼ってるだけ)

とにかく視聴!

なんと!
低音の振る舞いは維持したまま、
高域のきつさが落ち着きました。導入前よりも高域は輝いていますが、より出るようになった低音とバランスがとれる絶妙な煌めき感です。
相対的に中域が凹むかと言うとそうでなく。しっかりとした低音に支えられてとても良い感じです。
定位感も以前よりもハッキリと。ヴォーカルの位置も上がりすぎず違和感の無い位置に定位しています。

これは…大成功か♪

全面露出させると高域エネルギーも許容範囲を超えてくるので、端1/3はカーテンで隠しました。
DSC02484.jpg
マイルームでは、パネル端を壁まで寄せると低音の効果も著しいです。
DSC02483.jpg

仮想スピーカーから拡散放射される高域成分が、音場に高さと広がり、そして立体感を演出してくれているようです。
部屋中に音が満ちている感じです。

効果は抜群です!

このままでもOKなのですが…
もしかしたら…
天然シルクを使ったらもっと良くなるのでは?
などと考えしまうのが業と言うものでしょうか?


と、さらに続きます。

スポンサーサイト

テーマ:ホームシアター - ジャンル:日記

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bonbee.blog100.fc2.com/tb.php/872-fb1be93a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。