BONBEEホームシアター

ホームシアター&B級ピュアオーディオ ミラクルサウンドWORKSブログです。

オデオパワーストーン図鑑2015 ハイパーシーン

2日前の記事…
S課長の車に驚くべき効果をもたらした石、その正体はハイパーシーンでした。

記念すべき オデオパワーストーン図鑑2015 の初回は、このハイパーシーン。

ハイパーシーン
色は黒ですが、中が透けて見えるような独特の透明感があります。
組成 (Mg,Fe)2Si2O6
鉱石内部に含まれるマグネシウムの化学反応により含まれる鉄分が10%~30%でブロンザイト、30%以上になるとハイパーシーンとなります。50%を超え、マグネシウムより鉄の方が多くなると、フェロシライト(Ferrosilite 鉄珪輝石)と呼ばれます。

音の変化については、過去の記事で紹介しています。マイシアターにて、パワーアンプの電源ケーブルに巻いてみた…その時のレポ。
重低音のパワー感が上がります(ローエンドが伸びる訳ではなさそうです)、低音は締まり気味。低音のバランスが下方向に移動するような感じです。
高域にロジウムっぽいキラ感、響きが若干出ました。
ハイパーシーン単体では、ややスレンダーな音色になってしまうかもしれません。

ワイドレンジ風的な方向へ音色をシフトさせます。

効能については、上記のとおりです。

使い方の一例
S課長の車では、サブウーファーの低音がフロントスピーカーに少し被ってもこもこした低音になっていました。
そこで、サブウーファーのバッ直している電源ケーブルに、ブレスレット用10mm玉をビニールテープで固定しました。
まず、1粒…効果はほとんどわかりませんでした。
そして2粒の場合、3粒の場合…徐々に違いが出てきて、
最終的に5粒ほど使ったところで良い按配となりました。
あまり数を多くしすぎると、低音の量感が損なわれます。

威力5〜
(威力の意味:目安としてブレスレッド用10mm玉を何個使うとその効果がハッキリとするか?の目安です。)
もちろん、どの程度効かせたいかは、個々のケースバイケースとなります。後に紹介するパワーストーンの中にはたった1粒でも顕著な効きをもたらすものもあります。そのような威力の違う他の石とブレンドさせる場合の参考にはなるかと思います)


使い方の応用
①多用すると中域が薄くなったように聴こえます。その場合、スモーキークウォーツを中和剤として併用します。
②パイオニアのAVアンプの内臓イコライザー、一番低い周波数は63Hzです。欲しい低音はもう少し低い帯域なのに…そんな場合に効果を得られるでしょう。


スポンサーサイト

テーマ:ホームシアター - ジャンル:日記

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bonbee.blog100.fc2.com/tb.php/906-52e1e73d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad