FC2ブログ

BONBEEホームシアター

ホームシアター&B級ピュアオーディオ ミラクルサウンドWORKSブログです。

スピーカケーブル端末 銀無垢?加工

スピーカーケーブル端末処理、
実は、メイン用だけは普段はラグを使わずに、こんな感じです。
DSCF5087.jpg

(スピーカーケーブル、相変わらずアコリバアニール銅単線を使っています。)

オヤイデの銀単線をスパイラル巻。
柔らかいので手で巻きつけることができます。きつく巻きつけて接触部を密着。
先端部から少量のハンダを流し込み、整形。
段々腹のままでは、接点面積が確保できないので、
スピーカー端子穴のRに合わせ、やすりがけして、形を整え、面だし、さらにペーパー磨き、ピカール磨き、と。
(基本的にメンドくさがりなので、この辺が限界。雑でスンマセン)

本当は、WBTとかカルダスの銀無垢Yラグが欲しいんですが、いかんせん値段がお高い、、。
で、こんなことしてみたらどうだろう?と試してみたところ、、
銀特有の抜けの良さが得られ、ローエンドも伸びて曖昧さも減少。
けっこうイケてしまった訳です。

ただ、上のとおり、テキトー自家製なので、スピーカー端子との密着度に不安があったりするのですが、、。
そんな不安感から、市販品のYラグに手を出してみたのですが、
結局これに戻ってたりしています。


もっと綺麗に加工しなくちゃね、、、。



スポンサーサイト



コメント

なるほど、こんな手もあったんですか~
うちも現在いろいろやっていてスピーカーケーブル困ってるんですよね。

  • 2007/08/06(月) 09:36:09 |
  • URL |
  • たけP #XjNQc0GY
  • [ 編集]

せこい発想でしょう~?
でも、けっこういける。おもしろいからやってみて。
銀、食いつきいいし。
ちょっと手間隙かかるけど。

今の課題は、これをどうやったらYラグもどきにできるか?なんだけど、、、
暑くて、なんにも思いつきません、、。

  • 2007/08/06(月) 12:10:30 |
  • URL |
  • ボン #2/rm52Ts
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bonbee.blog100.fc2.com/tb.php/92-3f53a346
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)