BONBEEホームシアター

ホームシアター&B級ピュアオーディオ ミラクルサウンドWORKSブログです。

初めてでも安心♪ 自作電源ケーブルレシピ

過去にも幾度か自作電源ケーブルのレシピをUPしていますが、
今回は改めて、初めてでもチョー安心 写真ドたくさん 自作電源ケーブルの作り方 をお送りします。

これを作ります。
DSC00084.jpg
ケーブルは藤倉電線のCV-S3.5φ 電源プラグはナショナルWF5018 IECコネクターはオヤイデのC-029

CV-S3.5は、500円/m程度 屋内配線で使われる電源線、かなり硬いケーブル。安価ながら厚めの銅箔で全体がシールドされていて外来ノイズに強い。音調はストレートでパワフル。低音締まる。響き艶を付加するような着色性は薄い。高域が若干粗いが、ピュアでの音楽再生でなければ気にするほどではない。
ローの沈み込みはより太いCV-S5.5に劣るが、それは比べての話。5.5の低音はワイドレンジかつ大音量でなければ、その真価は発揮されない。 (大音量:近所迷惑を起こすほどの音量)
小〜中音量の場合は、より分かり易い低音感の出るCV-S3.5のほうが有利。
正に〜中音量派の映画再生に向いている電源線です。

IECコネクター オヤイデのC-029 4000円程度/個
ユニットはタフで使いまわしが利く、ネジ強度は強クラス。音のクセの少なさは随一。しいて言うなら…低音締まるが痩せないかつパワフル。

電源プラグ ナショナル WF5018 1000円程度/個
俗に言うホスピタルグレード。低音増強。高域に少々粗さが伴う。ユニットはタフ、使いまわしが効く、ネジ強度最強クラス、さすがホスピタルです。
このプラグで様子を聴き、好みに合わせて改めてプラグを変更するのがよろし。



DSC00016.jpg
ケーブルのシース表面の汚れを無水アルコールで拭きます。
DSC00017.jpg

DSC00018.jpg
シース表面をワックスします。静電気/埃抑止のためです。
DSC00019.jpg
外皮を剥きます。剥く長さは写真くらい。
DSC00025.jpg
普通のハサミで大丈夫。
DSC00026.jpg
カット部を抜きます。
DSC00027.jpg
白いテープとヒラヒラテープをカットします。
DSC00029.jpg
剥き終わりました。
DSC00030.jpg
反対側も同様に。
DSC00031.jpg
メッシュチューブを通します。
DSC00032.jpg
このくらいにしておきます。
DSC00033.jpg
メッシュチューブを押さえる熱収縮チューブを通します。
DSC00035.jpg

DSC00037.jpg
このくらい戻します。
DSC00039.jpg
もう一方をカットします。
DSC00040.jpg
メッシュチューブの位置を調整します。
DSC00041.jpg
ターボライターを使い収縮させます。
DSC00042.jpg
線材部完成。
DSC00043.jpg
電源プラグ 左端はオヤイデのP-046…今回は使いません。
DSC00045.jpg
C-029 穴の位置…右(L)がラインホット 真ん中上がアース 左(N)がナチュラル
DSC00046.jpg
分解します。
DSC00050.jpg

DSC00051.jpg

DSC00054.jpg
緩めます。
DSC00055.jpg
中のストッパーを外します。(外さないと太いケーブルが入りません)
DSC00056.jpg
プラグケースを通します。
DSC00057.jpg
プラグ電極部 先の写真の反対側なので…左L、真ん中アース、右N です。
DSC00061.jpg
絶縁体を1.2㎝ほどカットし、導体を出します。
DSC00060.jpg
単線みたいな太さの7本撚り。3本と4本に分けます。
DSC00062.jpg
ペンチで撚ります。
DSC00063.jpg
電極穴に挿し、ネジをまわし留めます。
DSC00067.jpg
今回は赤をLに、黒をNに、アースは透明 としました。
DSC00068.jpg

DSC00069.jpg
電極部とケースを合体させます。溝が一本ありますので合わせます。
DSC00071.jpg
ネジを締めます。こちらはメス穴が弱いのでまわし過ぎるとパキッと割れます。注意です。
DSC00072.jpg
こちらは強いですが、締めすぎても意味がないのでほとほどで。
DSC00073.jpg
今度は電源プラグ側
DSC00077.jpg
分解します。
DSC00078.jpg
L(ラインホット)  N (ナチュナル) の表記はありません。
コンセントに挿すと分ります。コンセント穴の長いほうがN 、短いほうがL です。
DSC00080.jpg
実は W の刻印があります。 Wの穴ほうが N (ナチュナル) です。
DSC00081.jpg

プラグケースを通します。

IECコネクターの電極に合わせ、赤をL 黒をN アースに透明線を挿します。
DSC00082.jpg
電極部とケースを合体して 完成。
DSC00084.jpg

色の区分け…ツッコミしないでね。

途中、電源プラグP-046の写真がありますが、諸般の事情により手元に置く必要があり今回は使いませんが、
P-046に変えると、明らかに音質の違いが分かるはずです。
SNがアップするということはこの事と理解できます。背景が静かになりセリフの存在感が際立ちます。

実は、この電源ケーブル サスケさんのところにお嫁に行きます。


スポンサーサイト

テーマ:オーディオ・ビジュアル - ジャンル:趣味・実用

コメント

こんばんは!!
これは渾身の記事ですね!!
見てるとまた挑戦欲が沸いてきました。

ところで質問です。やっぱりメッシュチューブは
あった方がいいんでしょか??(^▽^;)

  • 2015/02/09(月) 21:44:51 |
  • URL |
  • take51 #-
  • [ 編集]

おはようございます。

メッシュチューブは、見栄えを気にするなら使ったほうがいいです。
が、ケーブルによっては微妙に音質を損なうので、音優先ならないほうが良いです。

この辺は、好き好きということでお願いします。




  • 2015/02/10(火) 05:44:43 |
  • URL |
  • ボン #-
  • [ 編集]

こんばんはー♪

藤倉CVS3.5スケとか懐かしいなぁ・・・
さすが、綺麗に処理されて作られてますね
ボンさんの自作技術レベルも相当上がってそうです

僕も本格的なホームオーディオは状況的に無理ですが、
カーオーディオで悩んでるだけでも楽しいですね
情熱が少し戻ってきました(笑)

  • 2015/02/10(火) 21:45:35 |
  • URL |
  • MITSU #4jeLTJQM
  • [ 編集]

おはようございます。

懐かしいでしょ?
安い自作用ケーブルはいくつも試してみたけど、AV用だったら、このCV-Sが一番無難と分かりました。
自作レベルは…
正直、老眼が酷くて、かなりしんどいです。
上がってないです。

カーオーディオって、ホームより気が楽で楽しいですね♪(自分…テキトーだし。)

自分、今度は娘のコンテをいじって遊びます。
どれほどのしょぼさか楽しみですw

  • 2015/02/11(水) 06:10:42 |
  • URL |
  • ボン #-
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bonbee.blog100.fc2.com/tb.php/932-8f6bdd04
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad