BONBEEホームシアター

ホームシアター&B級ピュアオーディオ ミラクルサウンドWORKSブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

UBYTEスピーカーケーブル

いや~、マジで激熱っすね。
外の作業が多い仕事柄、熱中症気味でバテバテっす。
体力勝負?のオデオも、停滞気味です。


さてさて、先日ホムセンで購入した「DX-ANTENAの同軸ケーブル5C-FVS」を使った「UBYTEスピーカーケーブル」。暑さに負けて制作が遅れましたが、昨夜完成。早速聴いてみました。

①ストレートな感触、色付けの少なさがわかります。響き、艶といった、「脚色」が一掃されます。
②また、キレも相当良いです。曲のテンポが早くなったようにも聴こえてきます。
③情報量については、脚色が減った分、淋しくも感じるのですが、、、これが本来のソース情報なのかもしれない、と思わせてきます。
④fレンジもけっこう広いようです。ただ感じにくい、、。
⑤自分の作ったケーブルだけの傾向かもしれませんが、低音の量感がかなり減少します。音圧というものは苦手かもしれません。
⑥音場は、横方向にぐんと広がるように感じさせます。縦方向も十分。
⑦音場が広がるからと言っても、同時に音像自体も膨らんでしまう訳でなく、しまったまま、輪郭の滲みも減らし定位感も向上。空間に立体的に描写してくるのには驚きます。
⑧奥行きはあまり感じることはありません。これはエージング不足の所為かも。

かたや、アコリバの銅単線ツイスト仕様/端末銀無垢処理のほうの個性、
これをごく簡単に言えば、
低音の量感強く、響きが豊か。ということ。


アコリバ銅単線、UBYTE、両者の個性が融合すれば、、、自分の好みにベストなのかもしれませんが、、。ないものねだりの難しさ。

UBYTE、個々のポイント評価は高いのですが、自分のシステムでは欠点も併せ持ってしまうようです。
原因には、ケーブル長さが7mにもなってしまう、この長さにあるかもしれません。

自分の現在の好みである「色艶」を優先させ、低音の量感、そして各パラメーターのバランスというものを考慮すると、、、、
今回は、アコリバ続投という結論とあいなりそうです。

UBYTE、可能性は十分に感じるので、また近いうちに線材を吟味して作ってみたいと思います。



8/10
作製中の写真追加
ubyte

ubyte

ubyte


とりあえず端末両端、スピーカー側/アンプとも同一処理。

2本のケーブルをツイストして、これにメッシュチューブを被せたら、
見た目は、「シナジスティックリサーチ」そのまんま?!
きっと素晴らしくカックイイ。
見せてOK!なケーブルの出来上がり!!


繰り返しでスンマセンが、、
立体的な空間表現は見事!です。



スポンサーサイト

コメント

試作乙です。

①ストレートで艶やかさは感じにくいですね。
⑤うちではむしろ低音の量感が増しました。
⑥横方向への広がりが良くてウチの欠点が大分補われました。

あとは同意です。
言いたいことはBONさんが的確に表現してくれたので助かりました。

線径が太くなると表皮交換の影響が大きくなりますが、UBYTEならその欠点を考慮する必要がないのが利点だと思います。
中心導体φ3mmくらいの極太同軸ケーブル使ったら面白いんじゃないかと考えています。

アコリバ単線にシールド被せて、UBYTEと同様の構造に・・・とかw

  • 2007/08/10(金) 20:44:40 |
  • URL |
  • 鰯 #qx6UTKxA
  • [ 編集]

鰯さん、こんばんわ。
本当なら、自分のほうからそちらに書き込みに行くべきのところ、、、逆になってしまいすみません。

>⑤うちではむしろ低音の量感が増しました。
うちは逆なんですよね~、、。
ここさえなんとかなれば、と思うのですが、、。うちの弱点です。
艶の部分は、他ではどうとでもなるし。

夜になって聴きなおしましが、低音は変わらずでした、、。残念。

素晴らしいところは、空間に点在するような立体的な定位感、そして広がり感ですね。これは「素直にスバラシイですよね。高級ケーブルでも、そう簡単に得られるものではないと思います。」

アコリバに戻してみましたが、
、、、自作ubyteに比べると、やっぱりフニャを感じてしまう、、。



>アコリバ単線にシールド被せて、UBYTEと同様の構造に・・・とかw

やっぱり同じことを考えましたか!
ただ、
UBYTEのシールド、正確には信号も流れるじゃないですか?
そう考えると、雑なシールド処理をしてしまうと、たぶんマズイだろうな、という考えもよぎります。

材料費も高くつくでしょうね~、、。
オヤイデの銅製メッシュチューブ、、、
安いほうは、純じゃないし、、。

ブラックスーナーの太いほうはよさそうですが、
いかんせん高いし、、。
たしか、2500円/mくらいしてたし、、。

あ~、悩ましい。

どこかに良い線材ないですかね。


  • 2007/08/10(金) 23:29:06 |
  • URL |
  • ボン #2/rm52Ts
  • [ 編集]

こんにちは。
大昔にBBSのほうに数度だけ書き込ませていただいたことがある者です。

私も昔ジンジャーケーブルのリボンがネットで話題になったころに
SPケーブルの自作というのは珍しいとこの構造のケーブルを試作しましたがなかなか良好な結果でした。
確かモガミの同軸とホームセンターの同軸で試したんですが
ストレート傾向は同じなんですがやはり線材の違いがかなり出て面白かったです。
ずっと忘れていたのですがこの記事を見て思い出してまた作りたくなりました。
オヤイデの純銀同軸で作ってみたら面白そうだなぁとか思ったりしてます。

  • 2007/08/13(月) 18:20:09 |
  • URL |
  • 七色 #-
  • [ 編集]

七色さん、お久しぶりです。
大昔、、いつの頃だったか?
自分が今より、もっともっと未熟者だった頃でしょうか?(今でも未熟モノですが、、)

やはり、線材の違いが出そうですよね。
オーディオ用とうたわれる線材は、位相管理、低域特性とか、そのあたりにお金?をかけている気がします。

ubyte、自分もオデオ用と言われる線材で再チャレンジしたいです、、
が、先立つものが、、。

もし銀線で作ってみたら、どんな音が出てきたか、教えてくださいね。

忘れた頃でも構いませんので、またカキコしてやってください。楽しみにしております。


  • 2007/08/13(月) 20:11:23 |
  • URL |
  • ボン #2/rm52Ts
  • [ 編集]

はじめまして

AVCTNEGYと申します。
私はケーブル設計技術者です。URL「AVケーブルの教科書」でケーブル技術の紹介をしています。
今回チャレンジされました同軸ケーブルの並列接続は、静電容量が倍に成り、特性インピーダンスが半減しますので、一般的には低音域がプワーに成りますが、解像度はアップする傾向があります。ケーブルの減衰量は低音域では導体抵抗と静電容量の積の平方根に比例しますので、バランスとしてはプワーになります。特性インピーダンスが小さくなりますと、スピーカーの高周波領域のインピーダンスに近づきますので、高周波側が強調、解像度のアップが計られる結果となります。
試作乙さんのご指摘のように太い同軸ケーブルを使用しますと導体抵抗が小さくなるので低音域には効くことでしょう。

AVCTNEGYさん、はじめまして。
次回作ることがあれば、ぜひ太いもので作成してみようと思います。
アドバイスありがとうございました。


  • 2009/05/06(水) 07:11:41 |
  • URL |
  • ボン #-
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bonbee.blog100.fc2.com/tb.php/94-749801e1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

スピーカーケーブル(4 コンダクター) KSP06

■プラグ形状 Phone / Phone ■長さ     0.6 m・Cobalt RCA-G Cable モニター報告第2弾・スピーカーケーブル - モンスターケーブル XPHP・UBYTEスピーカーケーブル・俺に学ぶGX-77M、Lch接続スピーカーケーブルをモンスターケーブルで自作編・[Phile-Mail] JBL ホーム

  • 2007/08/11(土) 11:47:31 |
  • ケーブルをたくさん集めました

スピーカーケーブルを攻める

STAGEPAS300についてるスピーカーケーブルは5Mですが、それでは長さが足りないことがあり、購入しました。もちろん問題なく使えました☆イベント  ・かいしんのいちげき!・俺に学ぶGX-77M、Lch接続スピーカーケーブルをモンスターケーブルで自作編

  • 2007/08/13(月) 16:18:47 |
  • ケーブルの1日

UBYTEスピーカーケーブル

いや~、マジで激熱っすね。外の作業が多い仕事柄、熱中症気味でバテバテっす。体力勝負?のオデオも、停滞気味です。さてさて、先日ホムセンで購入した「DX-ANTENAの同軸ケーブル5C-FVS」を使った「UBYTEスピ

  • 2007/08/13(月) 23:13:17 |
  • 鰯の雑記帳

【0.9mスピーカーケーブル ◆ 税込・送料無

Fat Max シリーズは、ヘヴィーデュティーな極太の8ゲージ・スピーカーケーブルです。伝送導体は11ゲージから構成されています。導体構造は独自のバイワイヤード方式により、ケーブルの導体抵抗を最小限に抑え、信号損失を徹底的に低減しています。これによりダンピングダク

  • 2007/09/05(水) 08:12:32 |
  • ケーブルをたくさん集めました

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。