BONBEEホームシアター

ホームシアター&B級ピュアオーディオ ミラクルサウンドWORKSブログです。

自作電源ケーブル オヤイデLi50 OFC

好きな音楽を聴くのはとても楽しい。
映画を観れば感動できる。
だけど、
大画面であったり、画が綺麗だったり、音が素晴らしければ、楽しさと感動は、もっともっと大きいものになったりする。

(趣味なんだから、お金をかけてもいいし、お金をかけなくたっても、もちろんいい!)

創造したり、真似したり、手を汚して大汗かいて、音パネやケーブルを作るのは、そんな単純な動機です。



さて、今日は、久しぶりに電源ケーブルを作ってみました。
DSCF6397.jpg

フォノイコ用の電源ケーブルです。

「今更、電源ケーブルの自作?つまんね~よ。」な~んて叱られそう、、、
でも、もしかしたら、オデオを始めたばかり、あるいは、再開したばかりばかりの人が、こんなフフフブログを覗きに来るかもしれない。
そんな人を、もっと深みに誘う(いざなう)ために、、、

初心者のための「自作電源ケーブル」のつくりのかた~!!

シース(外皮)を剥きます。
DSCF6375.jpg

オヤイデLi50は編込み線なので、ばらけないように仮に熱収縮チューブで固定しておきます。
シースがゴム系の場合、必要ありません。

クズが取りきれない
DSCF6376.jpg


別にとらなくてもよいのですが、気になる場合はライターで炙って溶かします。
DSCF6377.jpg


仮とめチューブを外し、本ちゃんチューブに取り替えました。
DSCF6380.jpg


お洒落に仕上たい場合、こんな絶縁キャップ(ホームセンで売ってる)を被せてもOK。
DSCF6381.jpg


オヤイデLi50の芯線は、柔らかめ。そして2/2なので2本捩るとブラグの穴に入れにくい、、
そこで、先端をハンダ付け。(別にしなくてもOK)
DSCF6383.jpg


さらに、整形。接点が安定します。
DSCF6385.jpg


機器側。IECコネクター。
アースピンを上にして左側が(H)ホット、右側が(N)ナチュラル。
DSCF6388.jpg


基本的に黒がホット、白がナチュラル。ブレードに導体を差し込んで締めるだけ。
DSCF6392.jpg


壁コンセント側、電源プラグ。
アースピンを下に見て、左側が(N)ナチュラル、右側が(H)ホット。
DSCF6394.jpg


ホット/ナチュラルの導体を差し込んで締め付ける。
DSCF6395.jpg


プラグカバーをとめネジ2本で固定。
DSCF6396.jpg


完成~!
DSCF6397.jpg


お粗末様でした~。
<(_ _)><(_ _)>ペコッ

自作は、好みの線材とプラグの組み合わせが可能だし、
長さもちょうどで作ることができるし、
何より、既製品より安い。
そして、、、楽しい!(自分を含め、一部の人たち?)

オデオっていう趣味、こんな楽しみ方があっても当然いい!


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bonbee.blog100.fc2.com/tb.php/97-4949873e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad