BONBEEホームシアター

ホームシアター&B級ピュアオーディオ ミラクルサウンドWORKSブログです。

レコードの音が「暖かい音」って言われるけど…

アナログレコードが地味に復権してます。
ハードオフでジャンクボックスに入った名盤が100円で好き放題で買えた時代はとうの昔。
最近ではジャンクボックスの中は、ほんとのゴミレコードしかありません。欲しいと思うような盤はゲッっていうプライスタグが付いてレコード棚に陳列されてたりします。

ところで、表題の件ですが、
レコードって暖かい音がする、だから音が良い。なんてイメージ付けされてるのを見かけますが…。
皆さん、その「暖かい音」って、どんな音を想像します?

暖かいって言うんだから20℃くらいじゃね?  
ちゅーか温度なんてねーだろ!? 音なんだから。音に冷たいも熱いもねーだろバカやろ。www
なんて一般の方からは罵られそうです。

実は…
自分も、暖かい音ってどんなん? と問われても答えられません。ピンッとこないんだもん。
よそ様のブログを拝見しては、「暖かい音でうんぬんかんぬん…」なんて書かれているのを見て、(意味分からないまま)感心しきりだったりしてる訳ですよ。
だからブログ書いてても、暑苦しい音と書いた事はあっても、暖かい音なんて一度も書いた記憶がない(はず)です。

うーん…レコードのあったかい音ってなんだ?
まあこんな時はググルのが一番。

以下ググった結果
ゆるい低音が出るのが暖かい…違う気がします。それってボケてるとは言うでしょうけど。
着色の無い音が暖かい…着色の無い音なんてそもそもあるの?  ならば生音が暖かい?…それは違う気がする。
柔らかいのが暖かい…? 柔らかいのは分かるけど…逆説的に硬い音が冷たい音? それはなんかちがうべ。
真空管アンプは温かい…いやそれは物理的に発熱してるだけだから。
有機的な音が暖かい…なんとなく分かる気がするけど、音には有機も無機もございません。

結局よくわかりませんでしたw

やっぱあれだね。
音に温度なんて無い!
ダメ?

とりあえず、あったかい音は置いておこう。

レコードのほんとの良さは、「暖かい」 という言葉で表現できる部分じゃないっす。
(とムリヤリ舵を切ってみる)

レコードの良さの一つ、それは、立ち上がりが確実に鋭い こと。
例えば、ドラムの音。
ペダルがバスドラに突き刺さったその瞬間の
スティックがスネアやタムに触れ革を弾くその瞬間の
時間で言えば1/30秒とか1/40秒 そんな瞬間の鋭く立ちあがるアタック音、弾けるようなバルス的な音がハッキリと耳神経に届きます。
デジタルメディアのそれは比べると鈍いんです。

そして、引きも早いからリズムが濁らない。低音が遅れて聴こえたりもしない。
だからリズムの絶妙なずらしやタメが分かりやすい。
だから、ノリの良い、テンポの良いリズムが聴こえてくる。

低音の量感というポイントならば、リマスターされたデジタル音源のほうが圧倒的だったりするけど、大切なのはノリだってことをレコードは教えてくれます。
これ、録音がテープだった頃の、つまり古い音源のほうが差が顕著です。最近のデジタル録音されたソースはレコードだと今一だったりするんですけどね。
マスターがアナログならレコードのほうが楽しく聴けたりするんですよ。

レコードの一番の良さ、それは音楽のノリがとっても良いってこと。

また、生っぽい自然な音。これもレコードの良さ だと思います。

そして、ヒスノイズはあるけれど、実は 透明感のある耳と脳に優しい音  これもレコード良さの一つ。

ググってたらこんな書き込みに出会いました。

生の音は、カッチリした音と単純に形容できるような音ではありません。
そのなかに、しなやかさや柔らかさが必ず潜んでいます。
アナログの音は、CD(デジタル)に比べるとこの辺の表現が勝っている。


yahoo知恵袋( http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1048744180 )から引用

気づいたらはまります。

ただ、それなりの機材とセッティングと、盤のクリーニングが必要のなのは間違いないのですけどね。
ハードルが低くないのが残念なところです。

でも、タビさんなら大丈夫。
一緒にやりましょうw


スポンサーサイト

テーマ:オーディオ・ビジュアル - ジャンル:趣味・実用

コメント

アナログはですねー
やりたいような、やりたくないような。

やるとなるとそれなりの音が出ないと納得できないこともあり、なかなか手が出せません。
以前実家でDENONのダイレクトドライブと小さなフォノイコ(どちらも借り物)を使っていたんですが、ある時CDの方がすべての面で良くなってしまいそれっきりになっています。

久しぶりに持ってきて鳴らしてみようかなぁ…。
でもソフト代が上がってきてるってのは厳しいですね(-_-;)

  • 2016/05/14(土) 22:27:17 |
  • URL |
  • たび #4B33lOYw
  • [ 編集]

ボンさん、元気そうでなによりです。更新が無いからオデオやめちゃったのかと心配してました。

温かいor冷たい音って、柔らかい音or硬い音と同意なのかなぁ。
過去、アナログorデジタルで同じような表現が使われていましたよね。
再生音のレンジの広さでも違うでしょうし、機器の特徴や材質でも違いますしね。

ここ数年、ライブ活動をしているのですが、楽器の生の音は気持ちいいです。
ライブの音は温かい冷たいとかじゃなく、熱い音ですよね。
クラシックもJAZZもヘビメタも聴きに行きますが、全部熱気があります。
聴いている自分の高揚感と会場の雰囲気がそういう気分にさせるのかもしれません。あくまで感覚ですが。

何言ってるかわからなくなったので、このへんで。また遊んでください。

  • 2016/05/15(日) 10:13:04 |
  • URL |
  • ぶち #-
  • [ 編集]

to タビさん
アナログはですね〜
絶対やったほうがいいですよ。
デジタル音源では得にくい音楽の表現が出てきますから。
もちろんアナログとデジタルそれぞれ良さがあるのはご存知のとおりで。
ただ、アナログも突き詰めると費用と労力も青天井になっちゃうし…。
そこらへんはほどほどに、あくまでアナログの良さをデジタルにフィードバックすれば良いというレベルにしておけばよろしいのではないかと…。

それなりの音の基準…タビさん的にハードルはめちゃ高いんでしょうけど…
とりあえず実家に眠っているその機材で始めてみては?
ソフト代が高騰しているとは言っても、めちゃくちゃ高いのはコレクターズアイテムだし。普通のはCDとたいして変わりませんから。
大事なのは、盤のクリーニングです。



to ぶちさん

オデオは絶対辞めません(キッパリ)
仕事が忙しすぎてブログの更新まで手がまわんなかっただけです。

ドラムのくだりは、実はぶちさんの顔を浮かべながら書いてました。
ぶちさんの言う、リズムが遅れて気持ち悪り〜な話…これってレコードがちゃんと聴けるようになってから、言わんとしている事がハッキリと分かりましたよ。で、この記事を書こうと思った訳です。
デジタルばかり聴いてたり、ライブに行かないとこの感覚は鈍くなっちゃいますね。
今度はレコードプレーヤー持って沼津に行きますからw
置く場所作っておていね。

  • 2016/05/16(月) 15:23:41 |
  • URL |
  • ボン #-
  • [ 編集]

オデオやめてなくて、良かったです。
ボンさんの職人技が見れなくなるのは寂しいですから(笑

最近の流行はハイレゾですが、実はアナログに原点回帰している感じですよね。
んじゃアナログでいいじゃん、とはならず、今の現場はデジタルレコーディングが主流ですもんね。楽だし音良いし編集できちゃうし。デジタル信号のほうが安価で済むという事情がありそうですが。

Youtubeが一般的になってCDが売れなくなって、ライブが活発になっているのもユーザーからすると面白い現象ですよね。

最近ほんと楽器演奏が主体となっている自分ですが、オデオやめられないですねえ。SONYの4KPJを衝動買いしました。
周囲からとっても冷たい目で見られていますが気にしません(笑

ちなみに最近はこんなバンド活動してます。お時間あるとき、どぞん。
https://www.youtube.com/watch?v=yAk2_gXM-V4

  • 2016/05/17(火) 23:55:56 |
  • URL |
  • ぶち #-
  • [ 編集]

ぶちさん
拝見しました。

右奥で
ヤキソバ焼いてる黒板五郎wwみたいな人がぶちさん?ですか。

なかなか乙な演奏ですね。
Rubber Soul もカッコイイですわ。
でも、シンバルを手でひっぱたいてて指切れない?
渋いわ〜。

  • 2016/05/18(水) 00:46:30 |
  • URL |
  • ボン #-
  • [ 編集]

どもども。
焼きそばは得意料理です(謎

おっさんになってから、こういう曲が似合ってきました。
シンバルは案外痛くないんですよ。
それよりもカホン(という楽器)のほうが手が痛くなります。

来月から怒涛の3ヵ月連続ライブです。
見にきてください。三島ですが(笑

  • 2016/05/18(水) 23:43:40 |
  • URL |
  • ぶち #-
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bonbee.blog100.fc2.com/tb.php/980-0fb51d78
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad