BONBEEホームシアター

ホームシアター&B級ピュアオーディオ ミラクルサウンドWORKSブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

改めて、ヘルムホルツ共鳴による低音の吸音作用 ホームシアターでの害悪

ってタイトルですが、なんだそれ?って感じかもしれませんね。

ヘルムホルツ共鳴による低音の吸音現象
共鳴管(ポート)の向う側に閉じられた空間がある場合、共鳴している周波数を中心に音のエネルギーを吸い取る働きをします。

かなり昔(8年前)、記事にしたことがあります。
センタースピーカーの悪影響
センタースピーカーのバスレフポート ヘルムホルツの吸音現象
記事を要約すると、2CH再生時、鳴らしていないセンタースピーカーのバスレフポートが低音を吸い込んでいる(吸音している)、っていうお話でした。

じゃ、他のスピーカーは?…ていうのが、今回のお話です。
例えば、当シアターのリヤスピーカー
DSC01576.jpg

(元々密閉型スピーカーですが) 底面に穴を開けてバスレフ化しています。
DSC01577.jpg

これまさしく
共鳴管(ポート) の向う側に 閉じられた空間(スピーカーキャビネット) がある状態と言えます。
はたして、ヘルムホルツ共鳴による低音の吸音現象 はおこっているのでしょうか?

確認は容易です。
ポート下の隙間にスポンジを押し込み、空間を塞げば分ります。
ポートの共鳴がおこらないようにしてみると‥

フロントスピーカー2本だけで鳴らしている音楽の低音が激変します(笑い)

いや、まじめにほんとに変わります。
その変わり様はセンタースピーカーのポートを塞いだ時と比べ物にならないほど大きく、聴感4倍くらい(当社比)
この差は、視聴位置との距離の関係かもしれません。(リヤスピーカーのほうがずっと近く、センタースピーカーの約半分です。)
鳴らしていないリヤスピーカーが、ヘルムホルツ共鳴による低音の吸音作用をしていた訳です。

まるで、リスポジ周辺の低音を掃除機で吸い込んでするような感覚で
最初に実験した時は、まさかホントにホント? って感じでした。

当社はもちろん対策済です。
DSC01580.jpg

四角いスポンジで隙間全部を塞ぐと、低音が過剰になりました。
写真のように適度に隙間を開けると、ちょうど良い按配がありました。

使ったアイテムはこれでした。
DSC01582.jpg
100均で売っているドア下隙間風防止なんとか。
もちろん100円。
ちょうど良い按配は試行錯誤が必要なのは言うまでもありません。

あくまで2CH再生時のお話です。
自分のように、ピュアとサラウンドを共存させている場合、気が付きにくい落とし穴かもしれません。
サラウンドの5.1CH等多チャンネルシステムでは、AVアンプの自動音場補正でうまくごまかしてくれているかもしれません。
でももしかしたら…自動音場補正でも完璧に制御できていないかもしれません。
穴を塞けば未知の音が出てくるかもしれませんよ。
ほら、あなたの目の前にもサブウーファーのバスレフポートがでっかい口を開けてたりしませんか?
音楽再生の時、凸凹に聴こえる低音の原因はそいつかもしれませんぜ。

実は…
友人ヨッシーシアターでサブウーファーのバスレフポート塞ぎは実証済です。

スポンジなければ、とりあえずタオルを丸めて突っ込んでみてくださいな。
音楽を再生した時の低音の質感が激変するかもしれませんよ(笑い)



だから言ったじゃん。使わないスピーカーは部屋に置くな、って。音が悪くなるだけです。


スポンサーサイト

テーマ:ホームシアター - ジャンル:日記

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bonbee.blog100.fc2.com/tb.php/993-ba40b764
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。