BONBEEホームシアター

ホームシアター&B級ピュアオーディオ ミラクルサウンドWORKSブログです。

帰ってきたヒトラー



YuuTubeの予告編を見るとコメディー映画かな? って思いますが、
観終えると…実は全然違うと分ります。
コミカルなヒトラーがいます。
笑えるところもあります。
でも、最後は全然笑えない…。

本編は、ドイツ語(ドルビーTrueHD 5.1ch) 日本語吹替(ドルビーTrueHD 2.0ch)

「ドイツは奈落へまっしぐら だから必要なのだ 変革と責任を取る指導者が!」

レンタルで借りた時、ドイツ語で見たのですが、
ヒトラーの演説シーンに引き込まれ、不覚にも鳥肌が立ってしまった自分がいました。

ヒトラーは、大衆が心の中で望む事そのものなのかもしれません。
でも、
ユダヤ人の虐殺や他国との戦争、そんなことを当時のドイツ国民は望んだりしていませんでした。
ましてや、結果として国が東西2つに分れ、ベルリンに壁が出来るなんて夢にも思わなかったはず。

最初はヒトラーを見て笑っているけど…いつのまにか、ヒトラーと一緒に笑っている自分がいる。
現代にタイムスリップしたヒトラーの話はそこで終わりですが、
歴史では第三帝国は狂気の道を進みました。
当時と現代、根本的なところで何か違いがあるのか?
不気味で本当はとても恐い映画です。

原作と違う終わり方 (原作はもっと不気味らしい) で
後半の中止半端なグダクダ感が、この映画の評価があまりよろしくない原因かもしれません。
タブーとされている題材故、こんなまとめ方しかできなかったのかもしれませんが…
自分にとってはかなり衝撃的な作品でした。
不気味さを味わうために、ぜひドイツ語で観てみてください。
日本語吹替えで観るとヒトラーの印象が変わってしまいます。

この映画、笑うと危険
そのとおりです。
世界中にヒトラーがいます。

PS:ヒトラーって誰?…そんな人には全然おもしろくないはずです。あしからず。



スポンサーサイト

テーマ:ホームシアター - ジャンル:日記

コメント

ボンさん!ホームページでは初めまして!ブラビア8500Dを14万ジャストで予約したのち冷静になってキャンセルした燻製です(笑)。買ってれば今頃私もこの映画をレンタルしているところでしたので、非常にモヤモヤしながら記事を読ませて頂きました…ボンさんちの大きなスクリーンで見たら最高でしょうね、羨ましい!!

  • 2017/06/28(水) 17:28:31 |
  • URL |
  • 燻製一年目ぼん #-
  • [ 編集]

おこんばんわ。
14万円ということは…55インチ?
(すげー安い)
8帖シアターで55インチは小さく感じるよ。
キャンセルして正解。
そもそも、ピュアオーディオにとってTVは害悪。音が悪くなるだけですから。
スピーカーの間に机を置いてるようなものです。w
うち?
うちはしょうがないの、奥さまがTVないと困るから。


  • 2017/06/28(水) 21:10:43 |
  • URL |
  • ボン #-
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bonbee.blog100.fc2.com/tb.php/998-bf273711
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad